gv-logo

アシックスV-Swift

JAぎふ、井上ら3名の退団を発表

  • V2・V3
  • 2021.03.31

 V2女子のJAぎふリオレーナは、今シーズン限りで井上実咲、岡田倫奈、伊藤翔矢コーチが退団することを発表した。

 井上は2017/18シーズンにチームへ移籍し、気迫あるプレーとスピードのあるブロードを武器に活躍。岡田は2018-19シーズンより3年間プレーし、守護神として勝利に貢献。伊藤コーチは2017/18シーズンより4年間チームに在籍した。

 

 

 

 

【退団選手】

井上実咲(いのうえ・みさき)

ミドルブロッカー/身長176センチ/1992年12月23日生まれ/兵庫県出身/須磨ノ浦女高(現・兵庫大附須磨ノ浦高)→神戸親和女大→仙台ベルフィーユ

 

■井上実咲コメント

この度今シーズンをもって競技生活を引退する決断をいたしました。

2つのチームを経験し、これまでバレーボールを通してたくさんの人と出会い、たくさんのことを学ばせてもらいました。

応援してくださっている皆さまや一番近くで応援してくれている両親、いろんな形で支えてくださっている方々がいて今の自分があると思っています。

今後は、今までの現役時代と環境が異なりますが、JAぎふの広報担当者として、またリオレーナの一番のファンとなり、このチームがさらに地域から愛され、感動を与えられるチームになるよう、応援していきたいと思っています。

たくさんの応援ありがとうございました。これからもリオレーナの応援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

岡田倫奈(おかだ・りな)

リベロ/身長160センチ/1995年5月6日生まれ/福岡県出身/鎮西敬愛高→福岡大

 

■岡田倫奈コメント

いつもリオレーナへのあたたかい応援、本当にありがとうございます。

この度JAぎふを退職し、チームを離れることになりました。3年間というとても短い時間でしたが、素晴らしい環境でバレーができたこと、仕事ができたこと、とても感謝しています。

また、試合ではたくさんの方が応援してくださったり、声をかけてくださったりとても幸せでした。最後の1年間は、コロナという状況の中で誰もが初めての経験ばかりだったと思います。そういった状況の中でも、万全なコロナ対策を考えてくださり、試合ができる環境を配慮してくださった方々には本当に感謝しています。ありがとうございます。

プレーの面で、リベロとして1本目の丁寧なパスと球際のレシーブ・カバーリングとフォロー・チームを鼓舞できるような声かけ・直接点数を取ることはできないですが、チームのためにここぞの1点を取るために!ということを意識して取り組みました。

また、リオレーナに入った当初から退団する時に、チームのみんなから「この人とバレーができて良かった、楽しかった、もっとやりたかった」と思われるような人に。

応援してくださる方々から「バレーが見れて良かった、もっと見たかった、感動した」と思われるような人になりたいと思っていました。

引退がこんなに早くなるとは考えていなかったですが、リオレーナのみんなが、応援してくださるみなさんが、そう思っていただけていればそれが1番嬉しいことであります。

本当に毎日が感謝することばかりで、最高の環境で1日1日過ごすことができました。

4月からは岐阜を離れ、また今までとは違った立場で働かせていただくことになりました。離れていてもみんなが辛い時やしんどい時に、「岡田が頑張っているから!」と心のどこかで思ってもらえるような人になれるように、人の心を動かせるような人になれるように、努力し続けていきます。常に今の自分に満足せずに、たくさんの方々に感謝の気持ちを持ち頑張っていきます。

短い時間でしたが、本当にありがとうございました。今後とも、リオレーナへの熱い応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

伊藤翔矢(いとう・しょうや)

コーチ/1994年8月17日生まれ/岐阜県出身/東亜学園高→日本体大

 

■伊藤翔矢コーチコメント

いつもたくさんのご声援ありがとうございます。

この度、4年間お世話になりましたチームを退団することとなりました。

V1昇格を目指してファンの皆さまとともに戦ってまいりましたが、目標を達成することができず、不甲斐なさを感じた4年間でした。しかし、得たもの・経験も多く、バレーを通して自分自身が成長できたことにとても感謝しています。

私はチームを離れますが、これからも引き続きリオレーナへの熱いご声援をよろしくお願いいたします。

 

 

 


pagetopbtn