gv-logo

高松卓矢が現役引退を発表

  • V1
  • 2021.04.08
TwitterFacebookLine

 V1男子の大分三好ヴァイセアドラーは、ウルフドッグス名古屋から期限付き移籍をしていた高松卓矢の移籍期間が終了したことを4月7日(水)に発表。同じくウルフドッグス名古屋は、高松の引退と引退セレモニーの開催を4月8日(木)に発表した。

 

 高松は別府鶴見丘高から日本体大へ進み、WD名古屋の前身豊田合成トレフェルサへ入団。今シーズンまで合計11年間に渡り活躍してきた。2015/16シーズンにはチームをV・プレミアリーグ初優勝に導き、ベスト6にも選出された。また2017/18シーズンには敢闘賞を受賞。2020-21シーズンはWD名古屋から大分三好へ期限付きで移籍、Vリーグ通算230試合出場を達成しVリーグ栄誉賞を受賞した。日本代表には2013年に初選出された。

 

 4月18日(日)には、ファンクラブ会員およびパートナーを招待し「ウルフドッグス名古屋 引退セレモニー」が行われる。同チームで同じく引退する内山正平とともに参加する。

 

高松卓矢(たかまつ・たくや)

アウトサイドヒッター/身長186cm/1988年1月8日生まれ/大分県出身/別府鶴見丘高→日本体大→豊田合成/WD名古屋→大分三好

 

【次ページ】WD名古屋、大分三好時代の写真

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021
  • デサントソックス開発秘話
  • AIR×西田有志タイアップ

pagetopbtn