gv-logo

サフィルヴァ北海道、選手・スタッフ計11名が退団

  • V2・V3
  • 2021.04.08
TwitterFacebookLine

 V2男子のサフィルヴァ北海道は、2020-21シーズン限りで神園時、河西智洋、笠原佑斗、清水久雄、小林洸、十良澤太一、山口拓馬、河西孔明、桝谷周呈、柿崎充、アナリストの安田弘美が退団することを発表した。

 退団する選手の詳細は下記の通り。

 

 

 

 

【退団選手・スタッフ】

神園 時(かみぞの・とき)

リベロ/身長175センチ/1994年6月20日生まれ/北海道出身/札幌藻岩高→福島大

 

■神園 時コメント

この度サフィルヴァ北海道を退団することになりました。社会人になると同時に入ったこのチームは僕にとって、第2の家と言っていいほど居心地のよい欠かせない場所となりました。生意気でヤンチャな僕をここまでチームにいさせてくれたこと、ありがたく思っています。クラブカップや地域リーグ、V3そしてV2とさまざまなステージを経験させてもらいました。その中で、いろいろな人と出会い、応援していただき、共に戦えたことは僕にとってかけがえのない財産です。

今まで本当にありがとうございました。またどこかでお会いしましょう。

 

 

 

 

河西智洋(かわにし・ちひろ)

アウトサイドヒッター/身長181センチ/1991年12月4日生まれ/北海道出身/北海道尚志学園高→東海大札幌校舎

 

■河西智洋コメント

いつもサフィルヴァ北海道を応援して頂きありがとうございます。

サフィルヴァ北海道を今シーズン限りで退団することに決まりました。

約5年近くに渡って在籍しておりましたが、このクラブを応援してくださった方々、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。

皆さまのおかげでVリーグという舞台で貴重な経験をすることができました。大きな財産となりました。

クラブチーム初期の頃から在籍させていただいておりましたが、チームとしても個人としても順風満帆にいくときもあれば、中々苦しい時期や上手くいかない時期もありましたが、こうして戦い続けてこられたのも応援してくれるファンの方々、チーム関係者、バレー関係者、家族、友人の支えがあってのことでした。本当に感謝しております。

サフィルヴァ北海道は人数が多く、フレッシュなチームに個性も溢れているので、引き続きサフィルヴァ北海道を応援していただけるとうれしいです。本当にありがとうございました!!

 

 

 

 

笠原佑斗(かさはら・ゆうと)

ミドルブロッカー/身長187センチ/1991年4月2日生まれ/北海道出身/北海道尚志学園高→東海大札幌校舎→東京V

 

■笠原佑斗コメント

応援していただいている全ての皆さまへ、いつも本当にありがとうございます。

サフィルヴァ北海道の笠原佑斗です。

この度、チームの方針により戦力外通告を受け、退団することとなりました。

今シーズンはベンチ外であったり、ベンチに入っても試合に出れる機会が少なく、「来シーズンこそ」という気持ちが強かっただけに、今回とても残念な結果となりました。

コロナ禍ということで無観客試合であったり中止や延期の試合が多かったですが、SNSを通じてファンの皆さまの応援はとても励まされましたし、私たちの力になりました。

有観客の際にもたくさんの方に会場で応援していただける温かさ、ありがたさを直接感じることができ、感謝の気持ちでいっぱいです。

チームに在籍して4年。いろいろな人たちと出会い、とても多くのことを経験させていただきました。

選手として、そしてひとりの人間として成長を実感できた4年間でした。関わっていただいた全ての皆さまへ、この場をお借りしてお礼申し上げます。

今まで応援していただいたファンの皆さま、ご支援していただいたスポンサーさま、Vリーグ関係者の皆さま、Vリーグの選手、スタッフの皆さま、一緒に戦ってくれたチームメイト、そして、油井さん

皆さまのおかげでとても楽しくそして恵まれたVリーガー人生を送ることができました。

「感謝」の一言に尽きます。

今まで本当に応援ありがとうございました。

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn