gv-logo

女子日本代表 中田久美監督と籾井が会見

  • 女子日本代表
  • 2021.05.14
TwitterFacebookLine

 女子日本代表の中田久美監督と籾井あきが5月13日(木)、合宿先でリモート取材に応じた。

 

 

 

 

 中田監督は5月1日(土)に行われた中国との親善試合を振り返り、「中国の高さ、体格の違いを感じた。中国は2メートルの選手が必死になってレシーブして攻撃につなげる。中国選手のあきらめない気持ちは見習うべきだと思うし、日本も負けないようにハードワークしていかないといけない」と話した。

 

【写真】東京チャレンジ2021 中国戦フォトギャラリー

 

 また、ネーションズリーグでの目標について聞かれると、「ネーションズリーグは東京2020オリンピック登録選手12名の選考がかかっているので、そこを見ていきたい。オリンピックに向けて一試合一試合を大事にしながら全力で戦う」と語った。

 

 

 

 

 籾井は、代表デビュー戦となった中国戦で日の丸を背負う重圧の有無を聞かれ、「重圧よりも、2ヵ月くらいしか一緒にやっていないメンバーとプレーする不安が大きかった」と振り返った。

 

 またネーションズリーグでの狙いを聞かれると、「(日本は)海外チームに比べて、高さで劣る部分があるので、ディフェンスであったり、チームとして全員で1点を取ることをこだわってやっていきたい」と語った。

 

 東京2020オリンピックに向けては、「出たいという気持ちもあるが、まずは自分の成長がいちばん。成長する延長に五輪があると思う」と話した。

 

 

 

【関連記事】

女子日本代表 荒木絵里香主将と古賀が会見

女子日本代表 奮闘及ばずストレート負け

女子日本代表始動会見 今季のテーマは「わが道を行く」

女子日本代表 中田監督「限界を突破、可能性にチャレンジ」

 

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn