gv-logo

アシックスV-Swift

フランスに競り負け3敗目 ネーションズリーグ男子

  • 日本代表
  • 2021.06.06

 

 ネーションズリーグ男子予選ラウンドはリミニ(イタリア)で6月5日、予選6日目が行われ、日本はフランスにフルセットで敗れた。通算成績は3勝3敗。FIVBランキングはこの試合の前後で日本が8位、フランスは5位のままとなっている。

 

【写真】2021年度日本代表に選出された選手たち

 

■ネーションズリーグ2021男子

第6日目

日本(3勝3敗) 2-3 フランス(5勝1敗)

(25-21,22-25,26-24,21-25,11-15)

 

日本のスターティングメンバー:藤井、石川、山内、清水、髙橋(藍)、小野寺、リベロ山本

 

 日本のパナソニックパンサーズで指揮を執るロラン・ティリ監督が監督を務めるフランスとの1戦。日本にはフランス出身のフィリップ・ブランコーチが在籍しており、縁の深い相手と言える。なおフランスは前日、セルビアにフルセットで敗れて1敗目を喫していた。

 日本、フランスと互いに1セットずつを取り合って迎えた第3セット、石川主将や清水、髙橋(健)の活躍で23-16と大きくリードしたが、ここから相手のブロックに続けて捕まるなどして23-22と一気に差を詰められる。しかし24-24から清水がスパイク、サービスエースを決めてこのセットをもぎ取り、セットカウント2-1と王手をかけた。

 押し切りたい第4セットだったが、終盤に相手のクイックやサーブでじわじわとリードを広げられて失い、勝負はフルセットへ。5-9と苦しい立ち上がりだったが、高梨のフェイントやナイスレシーブからのポイントで8-9まで追い上げに成功した。しかし終盤、またしても相手のサーブに攻められ、最後はクイックを決められて惜しくも勝利には届かず。2週目の3連戦は3連敗で終えた。

 敗因について、小野寺は「相手のサーブに崩され、そこで差が出た。フランスのサーブは最後まで精度が高かったが、日本は勢いがなくなってしまったのが反省点。レシーブとサーブの差を埋められるようにしたい」と語った。

 

■次戦(予選ラウンド第7戦)

現地時間6月9日(水)12:00(日本時間19:00)

対戦相手:オーストラリア(FIVBランキング21位/5日時点)

 

■男子日本代表6月5日(土)フランス戦の出場14選手

※ポジション表記はOH=アウトサイドヒッター OP=オポジット MB=ミドルブロッカー S=セッター L=リベロ

<背番号/名前(所属)/身長/ポジション>

1 清水邦広(パナソニック)/193cm/OP

2 小野寺太志(JT広島)/201cm/MB

3 藤井直伸(東レ)/183cm/S

5 福澤達哉(パナソニック)/189cm/OH

6 山内晶大(パナソニック)/204cm/MB

12 関田誠大(堺)/175cm/S

14 石川祐希(パワーバレー・ミラノ)/191cm/OH ※主将

15 李 博(東レ)/193cm/MB

16 髙橋健太郎(東レ)/201cm/MB

17 高梨健太(WD名古屋)/189cm/OH

19 大塚達宣(早稲田大3年)/194cm/OH

20 山本智大(堺)/171cm/L

21 髙橋 藍(日本体大2年)/188cm/OH

24 小川智大(WD名古屋)/176cm/L

 

 

 

【関連リンク】

ブラジルに屈し日本2敗目 ネーションズリーグ男子

セルビアに1-3で敗れ初黒星 ネーションズリーグ男子

ロシアにフルセット勝利で3連勝 ネーションズリーグ男子3日目

オランダに逆転勝利 ネーションズリーグ男子2日目

ネーションズリーグテレビ放送スケジュール

 

 

 


pagetopbtn