gv-logo

アメリカに敗れ予選ラウンド11位で大会終了 ネーションズリーグ男子

  • 男子日本代表
  • 2021.06.24
TwitterFacebookLine

 

 ネーションズリーグ男子予選ラウンドはリミニ(イタリア)で6月23日(水)に最終15日目が行われ、日本はアメリカに0-3のストレートで敗戦した。この結果、通算成績は7勝8敗。11位で大会を終えた。(写真:FIVB)

 

 

■ネーションズリーグ2021男子 予選ラウンド

最終15日目

日本(7勝8敗・11位) 0-3 アメリカ(8勝7敗・7位)

(21-25,23-25,20-25)

 

日本のスターティングメンバー:髙橋(藍)、小野寺、関田、石川、山内、西田、リベロ山本

 

 第1セット序盤、石川のスパイクとサービスエースを含む4連続得点で8-4とリードするも、中盤にアメリカのギャレット・ムアグトゥティアに連続でスパイクを決められるなど4連続得点を奪われ、16-16で同点に追いつかれる。日本は石川や小野寺のスパイクで得点するも、終盤にマイカ・クリステンソンのサーブから3連続失点で18-20とリードされ、そのまま21-25でセットを先取される。

 

 第2セット、4-2から5連続失点で4-7と逆転を許す。日本は石川や髙橋(藍)のスパイクで徐々に点差を縮めると、髙橋(藍)のサービスエースで17-17と追いつき、その後3連続得点で21-20と逆転に成功する。しかし、23-22からサーブで崩され失点すると、最後はクリステンソンにサービスエースを決められ23-25でセットを連取される。

 

 第3セット、髙橋(藍)のサーブで相手を崩し、小野寺や石川のスパイクで4-0と好スタートを切るも、直後にアメリカに5連続得点を奪われ逆転されると、その後もスパイクやブロックを決められ6-9とリードされる。日本は中盤に石川や西田がスパイクで得点を重ね、16-16で追いつくも、終盤にはマシュー・アンダーソンにスパイクを決められ、20点以降も連続得点を奪われてセット落とし、ストレートでアメリカに敗れた。

 

 

 石川は試合後、「3セットとも前半から中盤のゲームメイク、試合運びは悪くなかったが、中盤から後半にかけて失点やミスがあり、大事な1点が取れず、最後に負けるという展開だった。(ネーションズリーグを終えて)勝たなければいけない試合に負けてしまい、非常に危機感を持っている。若い選手、国際経験が初めての選手にとってはとてもいい経験になった。このあとオリンピックが控えているので、また新たに準備していきたいと思う」とコメントした。

 

 

予選ラウンド順位(上位4チームがファイナルラウンド進出チーム)

順位

チーム

勝敗

ポイント

1

ブラジル

13勝2敗

38

2

ポーランド

12勝3敗

37

3

スロベニア

12勝3敗

34

4

フランス

11勝4敗

34

5

ロシア

11勝4敗

34

6

セルビア

10勝5敗

28

7

アメリカ

8勝7敗

24

8

カナダ

7勝8敗

21

9

アルゼンチン

7勝8敗

20

10

イタリア

7勝8敗

19

11

日本

7勝8敗

19

12

イラン

5勝10敗

18

13

ドイツ

4勝11敗

14

14

オランダ

3勝12敗

11

15

ブルガリア

2勝13敗

7

16

オーストラリア

1勝14敗

2

※勝敗、ポイントが同じ場合は、セット率などで順位が決定している

 

 

■男子日本代表6月23日(水)アメリカ戦の出場14選手

※ポジション表記はOH=アウトサイドヒッター OP=オポジット MB=ミドルブロッカー S=セッター L=リベロ

 

<背番号/名前(所属)/身長/ポジション>

1 清水邦広(パナソニック)/193cm/OP

2 小野寺太志(JT広島)/201cm/MB 

3 藤井直伸(東レ)/183cm/S

6 山内晶大(パナソニック)/204cm/MB

11 西田有志(ジェイテクト)/186cm/OP

12 関田誠大(堺)/175cm/S

13 大宅真樹(サントリー)/178cm/S

14 石川祐希(パワーバレー・ミラノ)/191cm/OH ※主将

15 李 博(東レ)/193cm/MB

17 高梨健太(WD名古屋)/189cm/OH

19 大塚達宣(早稲田大3年)/194cm/OH

20 山本智大(堺)/171cm/L

21 髙橋 藍(日本体大2年)/188cm/OH

24 小川智大(WD名古屋)/176cm/L

 

 

 

【関連記事】

東京2020オリンピック男子日本代表チーム12人を発表

スロベニアにストレートで敗れ7敗目 ネーションズリーグ男子

西田有志23得点でブルガリアに快勝 ネーションズリーグ男子

石川祐希12得点と気を吐くも6敗目 ネーションズリーグ男子

西田復帰もポーランドにストレートで敗れ5敗目 ネーションズリーグ男子

 

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021
  • デサントソックス開発秘話
  • AIR×西田有志タイアップ

pagetopbtn