gv-logo

深澤つぐみ×めぐみ(就実) 最強ツインズが挑む最後の夏

  • 高校生
  • 2021.07.25
TwitterFacebookLine

 月刊バレーボール8月号(7月15日発売)では、7月27日からいしかわ総合スポーツセンター(石川)ほかにて行われる令和3年度全国高等学校総合体育大会(インターハイ)を大特集。男女出場全101チームの注目選手を紹介しています。今回は、昨年度の春高女子優勝校である就実高(岡山)の深澤めぐみ選手と深澤つぐみ選手の、本誌には掲載できなかった対談の内容をお届け。

 

 

(左から)深澤つぐみ、めぐみ

 

 

――県予選は全試合ストレート勝ちで優勝しましたが、西畑美希監督は「春高優勝メンバーに基本的なミスが多かった」と話していました

 

めぐ:試合が終わってから、レギュラーを中心にたくさんミーティングをしました。自分は1年生のときから試合に出ていて、チームの中でいちばん経験をさせてもらっています。安定したプレーをして、ミスをカバーし、後輩たちが思い切りプレーできるようにしたいです。

つぐ:決め切らないといけないボールを逃していたら勝てません。基本となるパスをしっかりセッターに持っていき、スパイクを決める体勢を作らないといけないと思います。

 

 

――3年生になってお互いにどんな部分が成長しましたか?

 

めぐ:自分もそうですが、(つぐみは)周りについていくだけでなく、みんなを引っ張る存在になりました。自覚や責任が生まれて、コートに入っているときの雰囲気が成長したと思います。

つぐ:インターハイ予選の前からキャプテンになりました。1年生のときは岡﨑(凜華/関西大2年)さん、2年生のときは大賀(みるく/京産大1年)さんがキャプテンとして練習中にいろんな人に声をかけ、私生活でも間違った行動をきちっと正す姿を見てきました。お二人と同じことをするだけではなく、もっとプラスアルファのことができるように心がけています。

めぐ:自分もキャプテンをしていましたが、(つぐみとは)「キャプテンとしてこうしたらいい」という内容ではなく、どうしたらチームがいい方向に進むか、という話をけっこうしています。

 

 

――1年生時に出場したインターハイでは優勝しました

 

めぐ:何のプレッシャーもなく、ミスを恐れずにプレーすることができたのは、自分のミスを必ず得点に変えてくれた当時の3年生の存在があったからこそ。ことしのチームは1、2年生がコートにたくさんいるので、自分が3年生として、彼女たちが思い切りプレーをできるような雰囲気をつくりたいです。

つぐ:1年生のときはスタメンで試合に出ることはあまりなかったですが、3年生は本気で話してくださったり、プレーでできないことがあっても補ってくださいました。そのおかげで成長できた部分もあるので、今度は自分たちが一人一人と向き合って、チーム全体のレベルが上がるようにしたいです。

 

 

――昨年度の春高優勝校として、周囲からもマークされると思いますが、ライバルのチームはありますか?

 

めぐ:すべてのチームが敵ですし、先ばかり見ていたら足元をすくわれると思います。どんな相手でも自分たちが持っている力を最大限出せるように、目の前の試合をしっかり戦いたいです。

つぐ:自分も同じで、一戦一戦にチャレンジャー精神を持って臨みたいと思います。

 

 

 

深澤つぐみ                                                                        

ふかざわ・つぐみ/3年/オポジット・ミドルブロッカー/身長176㎝/最高到達点302㎝/就実中(岡山)

双子の姉めぐみと共に昨年度の春高では優勝に貢献。インターハイ県予選の前からキャプテンを務める

 

深澤めぐみ

ふかざわ・めぐみ/3年/アウトサイドヒッター/身長176㎝/最高到達点302㎝/就実中(岡山)

昨年度は2年生ながら春高で最優秀選手賞に輝く。今季最注目スパイカー

 

 

取材/田中風太

 

 

 

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn