gv-logo

インターハイ男子 決勝トーナメント1、2回戦 東福岡、駿台学園らがベスト16入り

  • 高校生
  • 2021.08.04
TwitterFacebookLine

 令和3年度全国高等学校総合体育大会(北信越インターハイ)男子大会の決勝トーナメント1、2回戦が、8月4日(水)にいしかわ総合スポーツセンター、金沢市総合体育館(ともに石川)で行われた。

 

【写真】ベスト16チームフォトギャラリー

 

 2回戦最注目のカードとなったのが、駿台学園(東京)と洛南(京都)の対戦。よく練習試合をし、互いに手の内を知り合う両校が火花を散らした。

 

 

 

2回戦屈指の好カードを制した駿台学園【写真:月刊バレーボール】

 

 

 中島彬をはじめとした駿台学園の力強いサーブに対し、粘り強くレシーブした洛南だったが、持ち味であるクイックを中心とした攻撃に持ち込めず。ブロックで得点を重ねる場面もあったが、駿台学園の両エース、中島と佐藤遥斗の活躍が光り、ストレート負けを喫した。2年ぶりとなる全国大会を終え、洛南の大屋秀太キャプテンは「まずはコロナ禍で大会が開催され、ここに来られたことに感謝しています。自分たちにとっては初めての全国大会で、改めて『全国大会はいい場所だな』と感じました。この悔しさを胸に春高に向けて頑張りたいです」と前を向いた。

 

 

 昨年度春高王者の東福岡(福岡)は、シードのため2回戦で今大会初登場。春高優勝に貢献した現3年生を中心に、鳥取中央育英(鳥取)にストレート勝ちした。

 

 

 

インターハイ初戦をストレートで勝利した東福岡【写真:月刊バレーボール】

 

 

 5日(木)はいしかわ総合スポーツセンターにて、決勝トーナメント3、4回戦が行われる。初出場ながらベスト16入りした鎮西学院(長崎)と日南振徳(宮崎)の対戦など、好カードがそろう。

 

 

 決勝トーナメントの勝ち上がりは以下の通り。

 

 

インターハイ出場選手名鑑付きの特集号(8月号)が好評発売中‼︎

ご購入はこちらから

http://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000001886/

 

大会名:令和3年度全国高等学校総合体育大会(北信越インターハイ)

会場:いしかわ総合スポーツセンター、金沢市総合体育館

日程: 8月  3日 男子予選グループ戦&敗者復活戦 終了

   8月  4日 男子決勝トーナメント 1・2回戦 終了

   8月  5日 男子決勝トーナメント 3・4回戦

   8月  6日 男子決勝トーナメント準決勝・決勝

 

 

TwitterFacebookLine
  • インターハイ2021

pagetopbtn