gv-logo

ヴォレアス北海道に新加入の柏田樹と酒井駿が会見で意気込み語る

  • V2・V3
  • 2021.10.09

 Vリーグ(V2男子)のヴォレアス北海道は10月9日(土)に新入団選手発表の記者会見を行い、サントリーサンバーズから期限付き移籍の柏田樹と、新加入の酒井駿が意気込みを語った。

 

<サフィルヴァとのプレシーズンマッチ後に設けられた会見/写真:VOREAS,INC.>

 

 昨季もサントリーからレンタル移籍し、V2男子のサフィルヴァ北海道でプレーしていた柏田。今回の移籍について、「来季(22/23)以降、サントリーで活躍したい気持ちがあります。サントリーとヴォレアスは、『サーブで崩してブロックで仕留める、ブロックからトランジションアタックで得点を重ねる』という戦術が似ている印象で、そうしたチームを経験することでスムーズに、(これからの自分の成長に)つなげられると思いました」とステップアップへの思いを口にした。

 

 会見当日は昨年度在籍のサフィルヴァとのプレシーズンマッチに出場したが、「勝ちにいく、相手を倒しにいく気持ちでプレーしていました」と頼もしいコメント。高さと速さのあるクイックや揺れ幅の大きいフローターサーブが柏田の持ち味であり、エド・クライン監督も「相手チームにとって脅威になる」と期待を寄せた。

 

<将来に向けたステップアップを描く柏田/写真:VOREAS,INC.>

 

 また、昨季は長野GaRons(当時はV2男子、今季はV3)でプレーし、リーグ3番目の総得点をマークした酒井駿もヴォレアスに入団が決定。「すべてのプレーでいいものを備えている」とクライン監督も印象を語り、酒井は「長野GRで培ったプレーを発揮し、素晴らしい監督や選手、環境のもとで成長しながら、若い力で勝利に貢献したい」と言葉に力を込めた。

 

 今回の新入団選手2名の獲得について、「満足できる」と指揮官。チームが目指すV1昇格への追い風となるだろう。

 

<攻守でバランスのよさが光る酒井は新天地で活躍を誓う/写真:VOREAS,INC.>

 

(取材・文/坂口功将〔編集部〕)

  • インターハイ2021

pagetopbtn