gv-logo

春高2024

[イタリア21/22]第3節 ヌガペト19得点! モデナが今季初勝利飾る

  • 海外ニュース
  • 2021.11.03

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。第3節は名門復活を期するモデナと、西田有志(日本)のビーボ・ヴァレンティアの一戦から

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■これぞ金メダリスト! ヌガペトが全開プレーでモデナに初勝利もたらす

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第3節》モデナ 30 ビーボ・ヴァレンティア

(25-20,26-24,25-22)

(現地10/30)

 昨季はトップ4陥落(最終成績は第5位)と悔しいシーズンを過ごしたモデナ。名門復活をうたう今季はSブルーノ・レゼンデ(ブラジル)やOHイアルバン・ヌガペト(フランス)という2015/16シーズンの三冠メンバーが再集結した。しかし開幕戦はモンツァに完封負け。休息週を挟み、今節はホームでビーボ・ヴァレンティアを迎えた。

<昨季のリーグ最多得点OPニミル・アブデルアジズ(オランダ/写真左端)もモデナに加わった

 

 モデナは第1セットからブロックポイント計4本、サービスエース計3本をあげて相手を圧倒すると、第2セットは終盤の競り合いを制して獲得。第3セットも再び計4本のブロックポイントで、ビーボ・ヴァレンティアの攻撃をはね返し、ストレート勝ちを収めた。なかでもヌガペトが4本のサービスエースと3本のブロックポイントを含む、チーム最多19得点の活躍。これぞ東京2020オリンピック金メダリスト、と見るものをうならせるパフォーマンスで、堂々のMVPに輝いた。

 

<圧倒的な“個の力”を備えるヌガペト

 

 ヌガペトについて聞かれたアンドレア・ジャーニ監督は「言うまでもなく素晴らしい選手。質の高さとエネルギーをもたらしてくれますし、ゲームの中心にいます」と絶賛。今季初勝利をあげたモデナは覇権奪還への一歩を踏み出した。

 

*****

 

◆《第3節》トレンティーノ 31 ルーベ

(25-16,21-25,25-11,26-24)

(現地10/31)

 前週にスーペルコッパを制したトレンティーノはホームで昨季王者ルーベを迎えての一戦。新鋭OHアレッサンドロ・ミケレット(イタリア)がチーム最多21得点をあげたほか、OHマテイ・カジースキ(ブルガリア)が4本のサービスエース、MBスレチコ・リシナツ(セルビア)が5本のブロックポイントをマークし、開幕3連勝とした。

<リシナツ(写真右端)はアタック決定率70%(10本中)と攻撃でもアクセントに

 

++++

◆《第3節》モンツァ 30 ターラント

(25-18,25-23,25-18)

(現地10/31)

 スーペルコッパ準優勝と躍進するモンツァは今季スーペルリーガ昇格組のターラントを一蹴。OPジェルジ・グロゼル(ドイツ)が両チーム通じて最多22得点でMVPに選出された。対するターラントは誰も2桁得点をあげられず、苦しい戦いを強いられた。

<昨季は四強入りを果たしたモンツァ

 

++++

◆《第3節》ピアチェンツァ 32 ミラノ

(16-25,25-21,26-24,20-25,15-6)

(現地10/30)

 チーム合計のサービスエース本数はホームのピアチェンツァが5本に対し、ミラノが3本。合計ブロックポイントはともに12本と互角の内容だったが、勝負の最終第5セットでスタートダッシュに成功し、一気にリードを広げたピアチェンツァに軍配があがった。

<有観客ならではの熱気に後押しされながら戦ったピアチェンツァ>

 

++++

◆《第3節》ヴェローナ 13 チステルナ

(20-25,27-29,25-19,21-25)

(現地10/31)

 ここまで未勝利どうしの対決はアウェーのチステルナがMBエリア・ボッシ(イタリア)とMBアーサー・シュワーツ(カナダ)の3本を筆頭に計13本のブロックポイントでヴェローナの攻撃をはね返し、待望の初勝利をゲット。ヴェローナはOHロク・モジッチ(スロベニア)が29得点と奮闘した。

<チステルナ(写真コート奥)は一丸となって勝利を目指した>

 

++++

◆《第3節》パドヴァ 32 ラヴェンナ

(25-14,23-25,25-18,21-25,15-8)

(現地10/31)

 ホームのパドヴァは大砲OPリーヌス・べーバー(ドイツ)が3本のサービスエースを含むチーム最多23得点の活躍。守ってはMBマルコ・ビテッリ(イタリア)がブロックポイントで驚異の6本をマーク、途中出場のMBアンドレア・カネッラ(イタリア)も4本と続いた。

<パドヴァのべーバー(写真コート奥)の力強いアタック>

 

++++

◆《第2節》休息チーム:ペルージャ

 

イタリア・セリエA レギュラーシーズン

==順位表/第2節終了時点==

1 トレンティーノ 30(勝ち点9)-

2 ピアチェンツァ 30(勝ち点7)▲

3 モンツァ 21(勝ち点7)▲

4 ペルージャ 20(勝ち点6)▼

5 パドヴァ 21(勝ち点5)▲

6 ルーベ 12(勝ち点4)▼

7 モデナ 11(勝ち点3)▲

8 ミラノ 11(勝ち点3)▲

9 ターラント 12(勝ち点3)▼

10 ビーボ・ヴァレンティア 12(勝ち点3)▼

11 チステルナ 12(勝ち点3)-

12 ラヴェンナ 03(勝ち点1)▲

13 ヴェローナ 0勝3敗(勝ち点0)▼

※勝敗数(勝ち点)記号は前節からの推移

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn