gv-logo

【ながみんのバリカタ排球道/黒豹フェス2021現地リポ後編】

  • コラム
  • 2021.11.10

 みなさん、こんにちは~! ‟麺はバリカタ、ペンはバリヤワ!”でお馴染みの、ながみんです。前編に続き「パナソニックパンサーズファン感謝デー 黒豹フェス」のレポート後編をお届けします★ 

 

■第二部:PP1グランプリ!

~歌唱部門「いちばん歌がうまいのは誰だ⁉」~

選手たちが歌で対決! 4組が登場して歌唱を披露し、審査員たちが優勝チームをジャッジ★

 

※審査員:白澤選手、永野選手、清水選手、新選手(よかったと思うグループに、一人一票を投票)

 

■伊賀選手&仲本選手

仲本「一位をとるのは僕らだ! 歌声をお楽しみに」

伊賀「皆さん盛り上がっていきましょ~! 手拍子お願いします!」

披露したのは、『友達の歌』(ベリーグッドマン)

2人で元気のよい歌声を響かせてくれましたが、音程もしっかりしていて、上手でした! 若さを感じましたね~♪ でも、トップバッターということもあり、お2人ともとても緊張したそうです(笑)

【審査員評価】

清水:この格好だったので沖縄の楽曲かと思ったら、サプライズで違う曲だったので、そこから心を動かされましたね(笑) 今のところ、いちばんです!

新:緊張している2人を見て、こっちまで緊張しました(笑)

 

伊賀・仲本選手ペア

 

■大竹選手&中村選手

中村「仲本選手が“一位は俺らだ”と言いましたが、テッペンをとるのは僕らなので…(笑) イッセイさんと僕の甘い歌声を聞いてください♪」

中村選手のソロコーラスで始まったORANGE RANGEの『花』。大竹選手は、「セイイェ~♪」とお馴染みの合いの手で盛り上げ、会場の笑いを誘います(笑) 中村選手、歌声が素敵! 大竹選手は、大竹選手らしくてよき!(笑) その後は中村選手がメインで歌うも、大竹選手がメインの場面もありつつ。サビはリードボーカルの中村選手に大竹選手が低音でうまくハモっていた感じでした★

大竹「最初は、方向性の違いでバチバチしていました(笑) 久しぶりに皆さんの前で歌えて楽しかったです。シュンスケの歌を邪魔しなくてよかったです(笑)」

【審査員評価】

永野:よく頑張ったと思いますが、途中イラっとするものがありましたね(もちろん冗談。大竹選手をイジっている・笑) でも、後半は心をつかまれていくような、そんな気がしました。

 

大竹・中村選手ペア

 

■深津選手&渡辺選手

渡辺「僕らだけ格好でごまかしていないので、優勝できると思っています!(笑)」

深津「15分練習した甲斐がありました(笑)」

渡辺選手がギター、深津選手がボーカルを務め、『歩いて帰ろう』(斉藤和義)を披露。軽やかなギターでイントロが始まり、深津選手が歌い始めるも、あれっ…?(笑) 歌詞をうろ覚えの深津選手、会場の笑いを誘います(笑) 清水選手いわく、「歌詞が覚えられねぇ!」と、裏でもがいていたそうです(笑) ところどころあやふやな歌詞ながら、最後まで完走したおふたりでした(笑)

【審査員評価】

清水:素晴らしい! 感動した! 特に深津選手、今日も光ってた!(何も言えずだんまりする新選手を見て「え、新どうした?」と話を振り、意地悪する清水選手・笑) 太陽のように輝いていて、素晴らしかったです! 渡辺選手も、おめでとう!

白澤:練習することって、大事ですね(笑)

 

深津・渡辺選手

 

■兒玉選手(ソロ)

「(小声で)よろしくお願いします…。シャシャシャシャッス…。ボソボソボソ…(誰かになりきっている・笑)」

会場「(笑)」

『STORY』(AI)を歌唱! 本気と書いてガチで挑んだ兒玉選手でした。兒玉選手の歌うまはファンの皆さんも周知の事実だと思いますが、今回もしっかりその期待に応えてくれました★ しかし、熱が入りすぎて最後の最後に歌詞を間違えるというハプニングが! しかし、観客はその歌声にうっとりしていましたよ~♪

【審査員評価】

永野:ノーコメントで(笑)

新:僕もノーコメントで(笑)

白澤:お笑いを期待していたのに、ちょっと弱かったですね~。

 

ソロで登場した兒玉選手

 

審査員の投票は、伊賀&中村ペアに1票、大竹&中村ペアに3票! この審査にTwitterでの投票を加算した結果、大竹&中村ペアが優勝しました★

 

 

~ファッション部門「ひらかたパーク秋のガチデート」~

3選手が、自信のある“ひらパーデートコーデ”で対決! あの選手の衝撃ファッションに注目です(笑) 今回も審査員が、優勝者をジャッジ!(深津選手、伊賀選手、大竹選手、仲本選手)

 

■山内選手

「暑くなったら脱いで調整できるようにこの服装にしました。秋のひらパーデートということで、歩きやすいようスニーカーを選びました」

【審査員評価】

深津:男性から見ても惚れ惚れしますよね。このスタイルとルックス。ちょっとうっとうしいですね(笑)

仲本:韓国ドラマに出てました⁉ THEイケメン

 

■今村選手

「皆さん、どうですか? プライベートでもこんな感じです!」

【審査員評価】

大竹:僕が街を歩いていてヒコさんが通ったら、カッコよすぎて二度見してしまいますね~。オシャレすぎてドキドキしてしまいます。

伊賀:大学時代からこういうファッションをされていました。身長も高いしスタイルもよくて、何を着てもカッコいいです。僕がやったらへんてこりんになっちゃうけど(笑)

 

■白澤選手

某有名キャラになりきって登場し、会場は大爆笑!(笑) 最年長、最高でした(笑)

「アトラクションに負けないくらい、ド派手に攻めてみました。今日は子どもの運動会なんですけど、こんな格好でここにいます(笑)」

【審査員評価】

深津:何も言うことなしです(笑) 家族で出かけても目立つし、いいんじゃないですか?(笑)

仲本:緑で目立つし、こんなお父さんがいたら最高です!(笑)

 

審査員の投票は、山内選手に1票、今村選手に2票、白澤選手に1票! この審査にTwitterでの投票を加算した結果、山内選手が優勝しました★

 

山内選手と今村選手、ド派手に攻めた白澤選手

 

~お笑い部門「いちばんおもしろいのは誰だ」~

3グループがお笑いに挑戦。元気にネタを披露しました(笑) 審査員:深津選手、山内選手、今村選手、白澤選手

 

■小宮選手&鈴木選手【PANAX ZIT(パナックスジット)】

「間違いナイトプ~ル。パシャパシャ~★」と、EXIT風のネタを披露。小宮選手、冒頭でネタを飛ばして笑いを誘うという高等技術(⁉)を見せてくれました(笑) 見事にチャラくなりきったおふたりでした! 

小宮「ふだんまじめな僕たちがパリピを演じましたが、皆さんに届いているかわからないですね(笑)」

【審査員評価】

白澤:すごく練習していたし、途中、ネタを忘れたふりをするあの“間”もうまかったですね(笑)

 

PANAX ZITの小宮選手と鈴木選手

 

■兒玉選手&牧山選手【パナボーイ】

ミルクボーイの芸風をしっかりコピーし、「パンサーズ」をテーマにネタを繰り広げました。お馴染みの出だしは、牧山選手が大きな観覧車を手にして「今、観覧車のゴンドラをいただきましたけども~。こんなんなんぼあってもいいですからね~」と、ひらパーアレンジでのスタートでした(笑) ネタはパンサーズのことをおもしろおかしく知ることができる素敵な内容で構成されており、緩急のつけ方なども上手で、会場からは笑い声が♪

牧山「楽しかったです。もう一回やりたいくらいです」

【審査員評価】

山内:非常にクオリティーが高く、お笑い芸人の方なんじゃないかと思うほどでした。おもしろかったです!

今村:寝ずに練習しているのを見ていたので、気が気じゃなかったです(笑)

 

観覧車をいただいたパナボーイの兒玉選手&牧山選手

 

 

■山口アシスタントコーチ、岩沢アナリスト、髙橋選手【ツクバート(筑バート)】

ロバートのネタ、「トゥトゥトゥサークル」を披露(笑) ながみん、元々このネタめっちゃ好きなんです(笑) やってること自体はくだらないんだけど(笑)耳に残るし笑えるんですよね~。まさかロバートさんをコピーしてくるとは、驚きでした(笑) 髙橋選手が、ロバート秋山さんの役(サークルの部長)を担当。どんなネタかご存じない方は、ぜひネットで検索してみてください★ 3人とも、最後まで声を張って頑張り抜きました!

髙橋「ふだんの部の活動の練習の成果を出せました」

岩沢「これまで野球サークルだけだったので、トゥトゥトゥサークルでやってみようと思って頑張りました」

山口「いつもやっていることなので、皆さんもやってみてください」

 

山口アシスタントコーチ、岩沢アナリスト、髙橋選手によるツクバート

 

【審査員評価】

今村:最高得点、つけようかなっ♪(ネタのリズムに乗せながら)

 

審査員の投票は、パナボーイに3票、ツクバートに1票! この審査にTwitterでの投票を加算した結果、パナボーイが優勝しました★

 

 

~体力・筋肉部門「筋肉王決定戦」~

清水選手、永野選手、新選手、大竹選手が、自慢の肉体をひっさげて入場★ 筋肉対決を制し、筋肉№1を証明するのは一体誰⁉ 入場後、それぞれの筋肉アピール(笑) 約3分間にわたって繰り広げられました(笑)  総合審判を務めたのは、審判服姿で登場したレフェリー牧山!

 

■腕立て伏せ20秒対決(回数で勝負)

後ろで若手選手が数を数えていましたが、忖度疑惑が…⁉(笑)

【結果】

仲本(清水担当):ちゃんと数えましたが、1000回でした!

鈴木(永野担当):1億回でした! スピードが速すぎて見えませんでした!(永野選手が横で「限度を知れ」とツッコミ・笑)

髙橋(新担当):ちゃんと数えましたが、17回でした(笑)

中村(大竹担当):ちゃんと数えましたが、20回でした!

 

■長座体前屈

思い思いの掛け声とともに、長座体前屈を披露(笑) 全員、パフォーマンスを頑張りすぎてカオスな結果に(笑)

【結果】

清水:測定不能

永野:測定不能

新:マイナス17センチ

大竹:測定不能

 

■風船割り対決(いちばん力強く割った選手が勝ち)

得点をつけるのは、レフェリー牧山!

清水:パンッとしっかり割れて、35点★

永野:大声で気合を入れるもなかなか割れず(笑) 結局割れずに終了し、0点でした(笑)

新:フンッ!と力を込め、なんとか割れましたが、針を使っていたようで減点(笑) 23点!

大竹:一度目の挑戦では割れず、二度目で成功! グーをたたきつけて風船を割り、36点!

 

■ポージング対決(ボディビルダーのようにポージング対決)

周りからは、観覧していた選手たちによるガヤが(笑) 「ふくらはぎに手りゅう弾が入ってるぞ~!」、「枚方のシュワルツェネッガーかよ!」など、個性的な声援がたくさん飛び交いました(笑)

【結果】

全員同点

 

筋肉王決定戦の総合順位は…。「筋肉に一番はないと思います。それぞれがいいと思ったら、いいんです。この勝負、全員の勝利です!」byレフェリー牧山

 

パナソニックの筋肉自慢たち

 

~若手選手によるダンス披露~

新人選手やスタッフをメインに、若手が登場してBTSの『Butter』を披露(^^)/ 服装は、通訳の辻本さんがコーディネートしたそうです! 練習の成果がダンスにあらわれており、ポップなミュージックとともに会場は大盛り上がりでした★

 

■ダンサー登場!

入場時には、ミュージックステーションのテーマ曲が(笑) 

中村(RM):リーダーのシュンスケです。ヨロシクオネガイシマス!

牧山(JIN):マキです! 日本の好きな曲は『津軽海峡冬景色』デス。

仲本(JIMIN):アンニョンハセヨ~。チョヌン、ケンユウイムニダ~!

鈴木(JUNG KOOK):PTSのズッキーです。好きな食べ物は、マンゴー!

髙橋(V):最近覚えた日本語で自己紹介します。「ワタシの名前はっ♪ ミズホですっ♪」(先ほど披露したロバートのネタのリズムで)

大竹(SUGA):皆さんコンニチハ。イッセイです! 今日は皆さんにこの言葉を言いに来ました。サランヘヨ♪

山口アシスタントコーチ(J-HOPE):I’m your hope. You’re my hope. I’m Yutaro.

 

BTSの「Butter」に合わせて踊る選手たち

 

~選手、監督からのメッセージ~

■リモート参加していたクビアク選手

ファン感謝祭に来てくださってありがとうございました。リモートでの参加でしたが、楽しい時間を過ごせました。ぜひ試合にも来てください!

■山内キャプテン

今日はお越しいただきありがとうございます。今年こそは優勝したいですし、東京オリンピック優勝監督の下、全員バレーで頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

■ティリ監督

アリガトウゴザイマス! 優勝するために最後まで全力で頑張るので応援よろしくお願いします。皆さんは家族です。ぜひ試合にお越しください。最後にクレイジーなことをします!(東京オリンピックで話題になったフライングレシーブを披露★)

 

オリンピックでも話題になったフライングレシーブを披露したティリ監督

 

ということで、ティリ監督の華麗なフライングレシーブで締めくくり、黒豹フェス2021「が終了♪

この日は雲一つない快晴で、ほんとうに暑かったんです…(笑) でも、そんな暑さの中、スタッフや選手はもちろん、関係者や観客の皆さん、楽しい時間を過ごされていました。試合中は真剣でカッコいい選手たちですが、こういうイベントでは盛大におふざけしてくれるところが、最高ですよね(笑) スタッフや選手の皆さんから、パンサーズ愛やファンへの感謝の気持ちが伝わった感謝祭でした★

 

 

【第二部おまけ】フリートークでの話題

・清水はサウナにハマっているそうで、3~4時間滞在するそうです。「ととのう」ということについて、深津選手に力説していました(笑)

・大竹選手推しのアイドルについて仲本選手に語り続けるも、仲本選手は全然頭に入っていないとのこと。仲本選手いわく、「好きなことを話すときに早口になるので、マシンガントークについていけない(笑)」 でも、大竹選手は“頭に入っていないだろうな”とわかったうえで話を続けているそう(笑)

・今村選手は、宮崎に帰るとめちゃくちゃ方言が出るそう。兒玉選手は「僕は生まれた時から標準語です」と冗談を言いつつ(笑)出身地・鹿児島の方言の独特なイントネーションについて解説してくれました。

・ファン感謝祭開催前に実施されていた、選手たちがひらパー従業員に扮しておもてなしをするという企画。ティリ監督は、清水選手のおもてなしでジェットコースターに乗り、楽しんでいたそうです♪ また、大竹選手が空中ブランコで優雅な時を過ごしていた、とファンの方からタレコミがありました(笑)

 

========================================

【参加したファンの声】

感謝祭の休憩時間に、ファンの方々にパンサーズ愛を伺いました★

 

■今北さん親子

会場に着いて写真を撮ろうと客席の横に座ったながみん。すると、その横の席にいたのは、2年前の黒豹フェスで取材させていただいた、今北さんでした(笑) 何たる偶然(笑) こんな広い会場で、まさかの再会(笑) しかも、人数制限がある中でしっかり当選されているのがすごい(笑)

 

左がお母さん(71歳)、右が娘さん

 

・今北さん

試合観戦を重ねることでお友達もできて、会場で観戦することがさらに楽しくなりました。今日のファン感謝祭を見ていても若い選手が元気ですし、先輩が後輩たちを育成して頑張ってくれることに期待しています。推しの大竹選手へ。チームを盛り上げようとしている姿や悔しがっている姿がとても印象的ですが、もう少しリラックスしてもいいのかな、と感じる瞬間もあります。大好きなバレーボールを楽しんでいる姿を、今季も見られることを楽しみにしています。

・みわさん(娘さん)

私がこの世界に引っ張り込んでしまったものの、母がこんなにパンサーズにハマってしまうとは…(笑) 昨季は二人とも、リモートマッチになったホームゲーム以外、皆勤賞だったんですよ(笑) 私はもともとバレーボールが好きで、育児がひと段落したこともあり、パンサーズのホームゲームを見に行ったんです。それを機に、画面越しよりも会場で見たいという気持ちが強くなりました。最初は年に数回と決めていましたが、今はもう「このために働いている」という感じ(笑) さすがに日本代表の試合観戦は敷居が高いかな…と感じていましたが、母が「行く」というので、2年前のワールドカップバレーも一緒に観戦しに行きました(笑) パンサーズで最初に魅了されたのは、クビアク選手ですね。拾って打って、ここぞという時に頼れる。雰囲気を持っていかれそうになっても切り替えてくれる存在ですし、“身長だけではない”というプレーがすごく勉強になります。

 

 

■桜樹くん(8歳)、未来くん(5歳)、奈保さん(母)

かわいいキッズが目に留まり声をかけると、「月バレ、定期購読しています!」とお母さま。ありがとうございます! ここで出会えて奇跡に乾杯★ お母さんがずっとパンサーズが好きだということも影響して、桜樹くんもパンサーズ好きになったそう。お名前は、桜樹とかいて「さき」くん、未来とかいて「まき」くんです♪ 未来あるキッズたち! バレーボールを始めて、いつか取材させていただけることを楽しみにしています(^^)!!

 

真ん中が桜樹くん

 

・桜樹くん

バレーボールが大好きで、月刊バレーボールを読んでいます。パンサーズが好きなのでパンサーズジュニアに入りたいなと思っています。山内選手が好きで、ブロックがカッコイイです。今シーズンもたくさんホームゲームに行きたいです。今季は優勝してほしい! あ、今季だけじゃないけど…(笑)

 

 

■槇さん(息子さんと来場)

男性二人組でお越しになっていたので、気になって直撃! 息子さんは野球をしているそうです♪

・槇さん

仕事の関係で選手のことを知る機会があり、練習している姿なども見てバレーボールに興味がわいたことで、パンサーズを応援するようになりました。そこからファンクラブに入って試合を見に行ったり、本格的に応援し始めてから5年くらい経ちましたね。パンサーズシートで応援しています! 推しの選手は永野選手。今季は山内選手が主将になられたので、頑張ってほしいですね。

 

 

ちなみに、ファン感謝祭の帰り道もパンサーズがいたるところに! ひらパーの出口にはパンサーズルームが開設されていました♪ また、ひらパー最寄りの枚方公園駅では、ひらパーとパンサーズがコラボした旗も発見! さすがホームタウン★

 

 

パンサーズルームには、ユニフォームや選手たちのパネルが展示されていました★

 

 

枚方公園駅で見つけた旗! 表と裏のデザイン

 

 

こんなに大きな広告も!

 

 

ということで、現地レポは以上となります。長くなりましたが、ご清聴ありがとうございました(笑) 

 

いよいよ今季のリーグも開幕したので、ぜひたくさん試合会場に足を運んで、バレーボールを満喫してくださいね♪

 

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn