gv-logo

第35回JOC杯プレビュー/最高到達点336センチの柏﨑祐毅や同299センチの中田藍美ら“金の卵”が集結

  • コラム
  • 2021.12.16

女子は北沢中の中田藍美が最高到達点299センチ

 

 女子では鳥取県選抜の伊藤晴香(河北中)と愛媛県選抜の矢田和香(角野中)が身長185センチで並び、今大会では最高の数字。それに、東京都選抜の中田藍美(北沢中)の184センチが続く。

 

 中田の最高到達点299センチは、今大会トップ。21年の全中で準優勝に輝き、中学のチームメイトで同じく都選抜入りを果たした柳千嘉とともに、その高さは他を圧倒した。中田は自身の武器にブロックを挙げ、「学年が上がるにつれて、相手との駆け引きや手の出し方などがうまくなった」と手応えを感じている様子。今後に向けて「注目されることが多くなると思いますが、それに応えられるような強い選手になりたい。もっともっと『ブロックが得意』と言えるように頑張りたいです」と意欲を口にしている。

 

 なお、最高到達点では鳥取県選抜の伊藤が296センチで2番目。栃木県選抜の久米未唯奈(陽東中)の295センチが続く。大舞台での、さらなるジャンプアップを願うばかりだ。

 

<長身アタッカーとして、北沢中を引っ張った中田(写真コート奥左から2番目②)>

 

 JOC杯はその名のとおり、都道府県別による対抗戦であり、“地元を代表する”という思いを抱き、選手たちはコートに立つ。柏﨑も「チームは日本一を目指しているので、優勝できるように仲間と一緒に頑張りたい」と言葉に力を込める。

 

 男子では福岡県選抜が最多6度、女子は東京都選抜が最多10度の優勝回数を誇り、短期間でのチームづくりや選手個々の能力の引き上げには定評がある。

 

 それに続けと言わんばかりに、6度目の優勝を目指す男子の東京都選抜には21年の全中で日本一を手にした渕江中から身長188センチのエース川野琢磨や最高到達点325センチの永田心之輔らが選出されている。同じく東京都選抜の女子には元女子日本代表の大友愛(現・秋本)を母に持つ秋本美空(共栄学園中)も選ばれており、身長は181センチと、こちらも将来が楽しみな存在だ。

 

 このほか、21年の全中を制した女子の金蘭会中のエース西村美波は、最高到達点292センチもさることながら、力強いスパイクと負けん気の強さが光る。大阪北選抜の一員として、第31回大会(2017年)以来となる優勝を目指す。

 

 全国各地から集った“金の卵”たちの活躍と成長に注目したい。

(取材・文/坂口功将〔編集部〕)

 

<地元の誇りを胸に選手たちは、チームを勝利に導く(写真は大阪北選抜の西村)>

 

********

 

第35回JOC杯の選手名鑑は

現在発売中の『月刊バレーボール』2022年1月号に掲載

お求めは【NBPオンラインショップ】まで→コチラ

 

>>><次ページは>前回の第33回大会 ピックアップ選手ギャラリー

  • インターハイ2021

pagetopbtn