gv-logo

ぶっちぎりの1位は世代No.1のあの選手
【春高出場キャプテンが選ぶ「すごいと思う選手」(男子編)】

  • 高校生
  • 2022.01.04

 

3位(5票)

牧 大晃(高松工芸高)

まき・ひろあき/3年/アウトサイドヒッター/身長210㎝/最高到達点350㎝/桜町中(香川)出身

身長210㎝の今大会最注目スパイカー。春高でベスト8入りした前回大会から攻守でレベルアップ。夏場には2週間日本代表の練習に参加し、石川祐希(ミラノ)や髙橋藍(日本体大2年・パドヴァ)らのプレーに刺激を受けた

 

主な選出理由

前嶋悠仁(日本航空高)「2mの身長で圧倒的な高さからスパイクを打ってくる」

中山 禅(高知高)「身長を感じさせない動きが同じ高校生ながら尊敬する」

 

その他投票したキャプテン

石坂朋也(岡谷工高)/䕃山魁秀(城東高)/楢崎浩史(松山工高)

 

キャプテンとしてもチームを引っ張る#4牧

 

4位(2票)

畑 虎太郎(福井工大附福井高)

はた・こたろう/3年/アウトサイドヒッター/身長186㎝/最高到達点341㎝/越前中(福井)出身

1年生時からレギュラーで、今夏のインターハイではベスト8に導いた。コース幅の広いスパイクで得点を重ねる

 

選出理由

山元快太(仙台商高)「1年生の頃から全国で活躍している。最高到達点が高く、器用」

葭原昂大(東福岡高)「プレーがとても柔らかく、最高到達点が高い」

 

 

山元快太(仙台商高)

やまもと・はやと/3年/アウトサイドヒッター/身長192㎝/最高到達点350㎝/将監中(宮城)出身

昨年度の春高で高校の全国大会デビューを果たし、ベスト8入り。今夏のインターハイでも同校初のベスト8に導いたハイジャンパー。

 

選出理由

久保木颯士(郡山北工高)「どんな場面でも決めることができるエース」

田原 陸(川内商工高)「インターハイで対戦し、エースとは何かを学んだ。全てのプレーがトップレベルで信頼されている」

 

 

舛本颯真(鎮西高)

ますもと・そうま/3年/アウトサイドヒッター/身長182㎝/最高到達点335㎝/龍田中(熊本)出身

インターハイ決勝では49得点をマークし、フルセットの熱戦を制した。同校OBの水町泰杜(早稲田大2年)に憧れる世代屈指のエース

 

選出理由

山田惇貴(鎮西学院高)「2年生にして名門のエースを任され、インターハイ優勝に導いたプレーはとてもすごかった」

堀内大志(日南振徳高)「スタミナも高さもあり、うまさもある。すべてのプレーが整っている」

 

7位(1票)

前嶋悠仁(日本航空高)/渡邊秀真(駿台学園高)/梅本春之助(鎮西学院高)/山田凜玖(川崎橘高)/九冨鴻三(鎮西高)/吉田倫太(美里工高)

 

【次ページ】前田、高橋、牧らのフォトギャラリー

  • インターハイ2021

pagetopbtn