gv-logo

[ポーランド21/22]カップ戦 関田誠大のルビンはベスト16ラウンドで敗退

  • 海外ニュース
  • 2022.01.21

 ポーランド・プラスリーガ男子のプハール・ポルスキ2022(カップ戦)は現地1月19日にベスト16ラウンドが行われ、関田誠大が所属するルビンはグダンスクと対戦。1-3(21-25,25-22,22-25,22-25)で敗れた。

 

 グダンスクとは直前のレギュラーシーズン第16節(現地1月14日)で対戦しており、その際は3-1で勝利していたルビン。今回も勝利して、準々決勝進出といきたかったが返り討ちに見舞われた。

 

 なお、関田はフル出場。この日はオポジットのレミギウシュ・カピチャ(ポーランド)がチーム最多19得点をあげたほか、3本のサービスエースを含む17得点をマークしたアウトサイドヒッターのヴォイチェク・フェレンス(ポーランド)が敢闘賞に選出されている。

 

≪ルビン 戦績≫

第1節(10/4) vs.ベウハトゥフ ●1-3

第2節(10/8) vs.ワルシャワ ●1-3

第3節(10/17) vs.グダンスク ●0-3

第4節(10/25) vs.スヴァウキ 〇3-0 ★関田MVP

第5節(10/28) vs.ザビエルチェ ●2-3

第6節(11/6) vs.カトヴィツェ 〇3-1

第7節(11/15) vs.オルシュテン ●0-3

第8節(11/21) vs.ルブリン ●2-3

第9節(11/29) vs.ラドム ●2-3

第10節(12/5) vs.ニサ 〇3-1

第11節(12/11) vs.ヤストセブスキ ●0-3

第12節(12/19) vs.ケンジェジン-コジエ ●1-3

第13節(12/30) vs.ジェシェフ ●1-3

第14節(1/4) vs.ベウハトゥフ ●1-3

第15節(1/8) vs.ワルシャワ→延期

第16節(1/14) vs.グダンスク ○3-1

 

【プハール・ポルスキ2022(カップ戦)】

ベスト32ラウンド(12/22) vs. ビドゴシュチュ 〇3-1

ベスト16ラウンド(1/19) vs.グダンスク ●1-3

  • インターハイ2021

pagetopbtn