gv-logo

定期購読

[イタリア21/22]第21節 西田有志SP8本に、石川祐希がMVP 日本人選手が大活躍

  • 海外ニュース
  • 2022.02.17

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2021/22シーズン第21節(後半第8節)や延期されていたカードで日本人選手が存在感を発揮しました

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

これぞ西田劇場!! 石川も今季2度目のMVP

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第14節》ビーボ・ヴァレンティア 3-1 ターラント

(25-15,22-25,25-20,25-22)

(現地2/9)

 ホームにターラントを迎えて、延期されていた第14節(後半第1節)に臨んだビーボ・ヴァレンティア。この日の主役はOP西田有志(日本)だった。いちばん最初のサーブはふかしてしまいアウトとなったものの、そこからしっかりと修正する。相手レシーバーを吹き飛ばしてサービスエースを奪うこと、8本。そこから味方もMBフラビオ・グアルベルト(ブラジル)の最多5本を筆頭に計10本のブロックポイントをあげて勝ち切る。両チーム通して最多29得点をあげた西田が試合のMVPに選出された。

<豪快なアタックで得点を量産した西田>

 

◆《第21節》ミラノ 3-0 チステルナ

(25-21,25-11,26-24)

(現地2/13)

 さらに日本人選手の活躍は続く。その4日後、今度は第21節(後半第8節)で敵地チステルナに乗り込んだミラノがストレート勝ちを収める。こちらはOH石川祐希がチーム最多13得点、レシーブ返球率58%(受け数24本もチーム最多)と攻守で高いパフォーマンスを発揮し、今季2度目のMVPに輝いた。ミラノは連敗を2でストップさせ、今季10勝目をあげた。

<敵地での快勝を喜ぶミラノの面々©︎Lega Pallavolo Serie A>

 

*****

 

◆《第19節》チステルナ 3-0 ピアチェンツァ

(25-17,26-24,25-23)

(現地2/9)

 延期されていた第19節(後半第6節)はホームのチステルナがストレート勝ち。OPペータル・ディリッチ(クロアチア)が6本のブロックポイントを含むチーム最多19得点、OHスティーブン・マー(カナダ)が12得点と続いた。ピアチェンツァはOPアディス・ラグンジラ(トルコ)が19得点と奮闘するも、およそ3週間ぶりの試合とあって、ゲーム勘を取り戻せなかったか。

<チステルナのSミケレ・バラノビッチ(イタリア/写真左)が試合のMVPに選ばれた>

 

++++

◆《第16節》パドヴァ 3-1 ラヴェンナ

(25-21,25-21,23-25,25-18)

(現地2/9)

 延期されていた第16節(後半第3節)はアウェーのパドヴァが、OHエリック・レプキー(カナダ)の最多22得点のほか、OPリーヌス・べーバー(ドイツ)とOHマッティア・ボットロ(イタリア)が19得点と並ぶなど、分厚い攻撃を繰り出し勝利する。ラヴェンナはOPニエル・クラプウィク(オランダ)がチーム最多19得点と気を吐くも、白星はまだ遠そうだ。

<ラヴェンナのOHマルコ・ウカシノビッチ(モンテネグロ/写真左端)もパドヴァのブロックにはね返された>

 

++++

◆《第21節》ルーベ 3-0 ラヴェンナ

(25-18,25-20,25-21)

(現地2/13)

 ルーベはケガから“完全復活”を果たしたOPイバン・ザイツェフ(イタリア)が止まらない。今節は3本のサービスエースを含むチーム最多24得点をマーク、アタック決定率も70%(27本中)と高い数字を残し、ラヴェンナを一蹴した。

<気迫を押し出してプレーする⑨ザイツェフ>

 

++++

◆《第21節》ペルージャ 3-2 モデナ

(25-20,30-28,18-25,24-26,15-13)

(現地2/13)

 ペルージャとモデナの“トップ4”対決は、最後まで息つくまもないゲームが繰り広げられ、ペルージャに軍配。OHウィルフレド・レオン(ポーランド)が4本のサービスエースを含む最多25得点の活躍で勝利の立役者となった。一方のモデナはOPニミル・アブデルアジズ(オランダ)の最多27得点を筆頭に、OHイオアンディ・レアル(ブラジル)が26得点、OHイアルバン・ヌガペト(フランス)が21得点と続いたが、12試合ぶりの黒星を喫した。

<名門モデナ復活の鍵をにぎる⑰レアルと⑭アブデルアジズ>

 

++++

◆《第21節》モンツァ 3-0 パドヴァ

(25-21,25-17,25-22)

(現地2/12)

 アウェーのモンツァはOHドノバン・ジャボロノク(チェコ)が6本のサービスエースを含む15得点をあげてチームを牽引。OPジェルジ・グロゼル(ドイツ)とMBジャンルカ・ガラッシ(イタリア)が13得点と並んで、快勝を収めた。

<パドヴァは⑫マッティア・ボットロ(イタリア/写真右端)が12得点と奮闘>

 

++++

◆《第21節》ビーボ・ヴァレンティア 3-0 ヴェローナ

(26-24,25-14,25-23)

(現地2/13)

 3連勝中のヴェローナをホームに迎えたビーボ・ヴァレンティアは攻守で圧倒。OP西田有志が3本のサービスエースを含むチーム最多19得点をあげたほか、OHマウリシオ・シウバ(ブラジル)が5本のサービスエース、OHクリスティアン・フロム(ドイツ)が3本のブロックポイントをあげて、2連勝とした。

<攻守で高いパフォーマンスを発揮したシウバ(写真右)がMVPに>

 

++++

◆《第21節》トレンティーノ 3-0 ターラント

(25-22,25-19,25-14)

(現地2/13)

 ホームのトレンティーノはOHマテイ・カジースキ(ブルガリア)が6本のサービスエースを突き刺すなど、チーム最多18得点。レジェンドがゲキを飛ばした効果もあり、快勝を収めて連敗を2でストップさせた。

<生きる伝説、①カジースキ。衰え知らずとはこのことだ>

 

++++

◆《第21節》休息チーム:ピアチェンツァ

 

イタリア・セリエA レギュラーシーズン

==順位表/第21節終了時点==

1 ペルージャ 172(勝ち点52)-

2 ルーベ 153(勝ち点45)-

3 トレンティーノ 136(勝ち点42)-

4 モデナ 134(勝ち点36)-

5 ミラノ 108(勝ち点30)-

6 モンツァ 1010(勝ち点28)-

7 ピアチェンツァ 89(勝ち点25)-

8 パドヴァ 810(勝ち点21)▲

9 ヴェローナ 811(勝ち点21)▼

10 チステルナ 613(勝ち点20)▲

11 ターラント 614(勝ち点20)▼

12 ビーボ・ヴァレンティア 612(勝ち点18)-

13 ラヴェンナ 0勝18敗(勝ち点2)-

※勝敗数(勝ち点)記号は前節からの推移

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

pagetopbtn