gv-logo

[イタリア21/22]第22節 ターラントがフルメンバーのピアチェンツァからホームで金星

  • 海外ニュース
  • 2022.02.23

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2021/22シーズン第22節(後半第9節)や延期されていたカードが実施され、いよいよプレーオフ争いも佳境に入ってきました。

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

ステファニが最多22得点、ベテランのアレッティも活躍したターラントが金星

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第22節》ターラント 3-1 ピアチェンツァ

(25-19,25-23,25-27,25-22)

(現地2/20)

 今季、スーペルリーガ昇格を果たしたターラントは今節を前に6勝14敗と負け越してはいるものの、リーグでは中団グループにつけており、健闘を見せている。そうして迎えた今節、相手のピアチェンツァはコロナ禍に見舞われ、前半戦ほどの勢いを感じさせない。それでも東京2020オリンピック金メダリストのSアントワーヌ・ブリザール(フランス)の組み立ては脅威だったが…、先手を取ったのはターラント。

<ピアチェンツァの分厚い攻撃と真っ向から対峙したターラント(写真コート奥)>

 

 第1セットで計4本のサービスエースを浴びせて奪うと、続く第2セットは計5本のブロックポイントをマークし連取する。第3セットは競り合いの末に落としたものの、第4セットはOHジョアン・フェレイラ(ブラジル)が得点を重ねて序盤から先行する展開で勝ち切ってみせた。21歳の若いアタッカー、OPトマッソ・ステファニ(イタリア)が最多22得点、また、昨季はセリエA2優勝に貢献したMBアイモネ・アレッティ(イタリア)がサービスエースとブロックでいずれも4得点をあげるなど攻守で活躍した。

<頼れるベテラン、アレッティ(写真コート奥右)>

 

 これで7勝目としたターラントは8位に浮上。もっとも今節を終えた時点で、8位のターラント(勝ち点23)から12位のヴェローナ(勝ち点21)まで5チームが大混戦を繰り広げており、プレーオフ進出へ向けて、一つの勝ち星が貴重な戦いはまだまだ続きそうだ

 

*****

 

◆《第20節》ピアチェンツァ 3-0 パドヴァ

(25-20,25-17,25-19)

(現地2/16)

 後半戦に入ってから1つ勝てば連敗、1つ勝てば連敗、と今ひとつギアの上がらないピアチェンツァ。この日はOHチボー・ロサール(フランス)が最多17得点、OHアーロン・ラッセル(アメリカ)が15得点と両エースが活躍し、勝利した。さぁ、連勝!! といきたいところだったが…(この次の試合が上記の第22節)

<ピアチェンツァのロサール(写真コート奥左端)とラッセル(同右端)>

 

++++

◆《第22節》ペルージャ 3-1 パドヴァ

(19-25,25-22,25-22,25-13)

(現地2/20)

 第1セットを落としたペルージャは第2セット開始時からOHマシュー・アンダーソン(アメリカ)をOHオレイ・プロトニスキ(ウクライナ)に交代。サーブレシーブを徐々に改善していくと、攻めてはOPカミル・リキリチ(ルクセンブルク)が最多19得点、守ってはSシモーネ・ジャネッリ(イタリア)が4本のブロックポイントをマークして逆転勝利を収めた。

<ペルージャのプロトニスキ(写真コート奥中央)が果敢にバックアタックを打ち込む>

 

++++

◆《第18節》チステルナ 3-2 ビーボ・ヴァレンティア

(25-17,25-21,21-25,17-25,16-14)

(現地2/16)

 一気に3連勝といきたいビーボ・ヴァレンティアは2セットダウンから逆襲に打って出ると、第4セット開始時からはOHクリスティアン・フロム(ドイツ)をOHルカ・バシック(フランス)に交代してフルセットに持ち込む。OP西田有志(日本)もチーム最多5本のサービスエースを奪うなど持ち味を発揮したが…、あと一歩が及ばず。

<両者一歩も譲らぬ激闘だった>

 

++++

◆《第17節》モンツァ 3-0 ラヴェンナ

(25-14,25-19,25-20)

(現地2/16)

 未実施だった第17節はホームのモンツァがラヴェンナを一蹴。最多4本のブロックポイントを含む14得点をあげたMBアレックス・グロズダノフ(ブルガリア)が試合のMVPに輝いた。なお、敗れたラヴェンナはOPニエル・クラプウィク(オランダ)がチーム最多17得点とこの日も孤軍奮闘。

<高い打点からクイックを放つグロズダノフ(写真コート奥)>

 

++++

◆《第22節》ビーボ・ヴァレンティア 3-0 モンツァ

(25-23,25-23,25-21)

(現地2/19)

 敵地モンツァに乗り込んだビーボ・ヴァレンティアはこの日、ブロックが冴えた。MBフラビオ・グアルベルト(ブラジル)の最多5本を筆頭に計12本のブロックポイントをマークして、モンツァを封じ込める。モンツァも3選手が2桁得点をマークしたが、連勝は3でストップした。

<グアルベルトは試合のMVPに輝いた>

 

++++

◆《第24節》モデナ 3-2 ミラノ

(21-25,25-21,25-21,25-27,15-10)

(現地2/17)

 この日の会場であるミラノのホームアリーナ、アリアンツ・クラウドの外には、2017/18シーズンから3季プレーしたモデナのOPニミル・アブデルアジズ(オランダ)への温かいメッセージが書かれた横断幕。それに発奮したか、アブデルアジズは両チーム通して最多23得点の活躍。モデナはOHイアルバン・ヌガペト(フランス)が21得点、OHイオアンディ・レアル(ブラジル)が14得点と続き、フルセットの接戦を制した。

<アブデルアジズ(写真左端)のアタックがミラノを襲う>

 

++++

◆《第22節》モデナ 3-1 ヴェローナ

(25-21,27-25,28-30,25-21)

(現地2/20)

 ホームのヴェローナはOPマッヅ・エンセン(デンマーク)が最多25得点、OHロク・モジッチ(スロベニア)が24得点と続き、各セットで競り合いを演じたものの、試合巧者だったのはモデナ。前節までフルセットが4試合続いていたモデナが、この日は3-1で勝利した。

<モデナはOHイオアンディ・レアル(ブラジル/写真コート奥中央)が4本のサービスエースを含む21得点>

 

++++

◆《第22節》ミラノ 3-1 ラヴェンナ

(22-25,25-18,25-19,25-19)

(現地2/20)

 ホームのミラノは頼れるキャプテンMBマッテオ・ピアノ(イタリア)が両チーム通じて最多となる驚異のブロックポイント8本をマーク。攻めてはOPジャン・パトリ(フランス)がチーム最多19得点、OHトーマス・ジェスキー(アメリカ)が18得点と続いて逆転勝利を収める。一方のラヴェンナは、ついに開幕20連敗に到達…。

<ここ数年はケガに苦しんだ⑰ジェスキーだが、今季は本来のパフォーマンスを発揮>

 

++++

◆《第22節》ルーベvs.チステルナ

…現地3月2日にチヴィタノーヴァ・マルケで実施予定

◆《第22節》休息チーム:トレンティーノ

 

イタリア・セリエA レギュラーシーズン

==順位表/第22節終了時点==

1 ペルージャ 182(勝ち点55)-

2 ルーベ 153(勝ち点45)-

3 トレンティーノ 136(勝ち点42)-

4 モデナ 154(勝ち点41)-

5 ミラノ 119(勝ち点34)-

6 モンツァ 1111(勝ち点31)-

7 ピアチェンツァ 910(勝ち点28)-

8 ターラント 714(勝ち点23)▲

9 チステルナ 713(勝ち点22)▲

10 ビーボ・ヴァレンティア 713(勝ち点22)▲

11 パドヴァ 812(勝ち点21)▼

12 ヴェローナ 812(勝ち点21)-

13 ラヴェンナ 0勝20敗(勝ち点2)-

※勝敗数(勝ち点)記号は前節からの推移

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

  • インターハイ2021

pagetopbtn