gv-logo

定期購読

WD名古屋 白岩直也と神谷雄飛の現役引退を発表

  • V1
  • 2022.03.29

 V1男子のウルフドッグス名古屋は、白岩直也が今季のVリーグ限りで、神谷雄飛が第70回黒鷲旗全日本男女選抜大会限りで現役を引退すると3月27日(日)に発表した。

 

 白岩は中央大を卒業後、2011年に入団。攻守ともに安定感のあるプレーで活躍し、2015/16シーズンのV・プレミアリーグ初優勝に大きく貢献した。また2016年には男子日本代表に初選出された。

 神谷は東海大を卒業後、2018年に入団し高さのあるクイックとブロックを武器に活躍。高校時代には石川祐希(ミラノ[イタリア])らとともに、高校6冠を成し遂げた一員だった。

 

 

 

【現役引退選手】

白岩直也(しらいわ・なおや)

アウトサイドヒッター/身長190cm/1990年2月15日生まれ/神奈川県出身/川崎橘高→中央大

 

 

 

神谷雄飛(かみや・ゆうひ)

ミドルブロッカー/身長191cm/1995年11月20日生まれ/愛知県出身/星城高→東海大

 

 

 

【関連記事】

ジェイテクト 興梠亮と小林光輝の引退を発表

 

VC長野 角雅也の引退を発表

 

備一真が出場機会ほぼ0の高校生からV1上位のレシーバーに成長した背景

 

 

 

pagetopbtn