gv-logo

サントリーがパナソニックを下しファイナル進出 Vリーグ男子ファイナル3

  • V1
  • 2022.04.10

 

 2021-22 V・ファイナルステージ男子がこのはなアリーナ(静岡県静岡市)で4月9日(土)に開催され、サントリーサンバーズ(レギュラーラウンド2位)とパナソニックパンサーズ(同3位)によるファイナル3が行われた。

 

【写真】柳田、清水、大塚らファイナル3フォトギャラリー

 

 1戦方式で行われたファイナル3はパナソニックが勝利。この結果、レギュラーラウンドを2位で通過しアドバンテージとして1勝が付与されていたサントリーと勝利数が並んだため、25点制(1セット)のゴールデンセットへ突入。結果、サントリーが勝利し、ファイナル進出を決めた。

 

 試合結果は以下の通り。

 

V・ファイナルステージ

ファイナル3

 

サントリーサンバーズ 2-3 パナソニックパンサーズ

( 19-25, 25-19, 23-25, 25-21, 10-15 )

・ゴールデンセット

サントリーサンバーズ 1-0 パナソニックパンサーズ

( 25-21 )

 

男子のファイナル3はフルセットの熱戦となった。

 

第1セットからムセルスキーを中心にセンター線も交えながら得点を重ねるサントリーだったが、要所でのミスも目立ち、パナソニックは清水の活躍もあってセットを先取する。

 

続く第2セットは、柳田のバックアタックや彭のクイックでサントリーが奪取。

 

第3、第4セットをパナソニック、サントリーが順に取り合い、最終第5セットに突入した。

 

第5セットは拮抗した展開で、9-9から柳田のスパイクをブロック、さらに清水が緩急をつけた攻撃で連続得点。最後はサントリーのコンビミスもあり、パナソニックが激闘を制した。この結果、ファイナル進出はゴールデンセットによって決定することになった。

 

ゴールデンセットでは、サントリーの小野、彭がそれぞれアタック決定率100%の活躍で、パナソニックのブロッカーを翻弄。ムセルスキーが2本のサービスエースを決めるなど、攻めの姿勢を保ったサントリーが押しきって勝利をつかみ、2連覇への挑戦権を確保した。

 

サントリー山村監督

「ゴールデンセットで勝ちきれたことは強いところで、フルセットは勝ちきれなかったところが弱さだと思う。5セット目の最後はいい形ではなかったが、お互い一進一退の攻防の中で、ゴールデンセットでもスタメンを変えることなく、緊迫した状況で経験値の高い選手たちがやるべきことを徹底してくれたので、褒めてあげたい」

 

サントリー大宅主将

「ゴールデンセットまでもつれたが、最後勝ちきって、決勝の舞台に駒を進めることができてホッとしている。個人的には、まだまだムセルスキー選手の打数が多く、もっとトスを散らせた試合だったと思うが、勢いのままに明日1勝して来週に臨みたい」

 

パナソニック・ティリ監督

「V・レギュラーラウンドで36試合戦って、ファイナル3もフルセットで勝利できたが、最後のゴールデンセットで勝てず、シーズンが終わってしまったことが何よりも悔しい。点差はついていたが、最後まで勝てると思っていたし、終わるまでチャンスはあると、選手たちは全力で戦ってくれたと思う」

 

パナソニック山内主将

「自力でファイナル3ラストの切符を手に入れて、フルセットも勝ちきれたが、ゴールデンセットであと一歩及ばず悔しい。二度と悔しい思いをしないように進んでいきたい。実力で(切符を)勝ちとれたことは今後に生きてくると思うので、あと一歩をどう取りきるかを課題に頑張る」

 

 サントリーは4月10日(日)に行われるファイナル第1戦でレギュラーラウンド1位のウルフドッグス名古屋と対戦する。ファイナルは2戦方式で行われ、勝利数が並んだ場合は試合後に25点制(1セット)のゴールデンセットを行い、勝者を決定する。

 

V・ファイナルステージ男子記者会見

 

男子日本代表 フィリップ・ブラン監督の決意②「課題はブロックとハイボールのアタック」

 

男子日本代表2022年度登録メンバー発表 高校生を含む35人 主将は石川

 

【次ページ】ファイナルフォトギャラリー

  • インターハイ2021

pagetopbtn