gv-logo

[ロシア21/22]第25節 ベルゴロドが快勝でプレーオフ進出決める 名門復活へ

  • 海外ニュース
  • 2022.04.13

世界三大リーグの一角、ロシア・スーパーリーグ男子の模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SUPER LEAGUE RUSSIA』。2021/22レギュラーシーズン第25節で、プレーオフ進出の上位6チームが確定しました!!

(Photo:volley.ru/Deta:VolleyService.ru

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■「素晴らしい試合、素晴らしい結果だ」とコリチン監督。ベルゴロドがプレーオフ進出

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《第25節》ベルゴロド 3-0 ウレンゴイ

(25-21,25-14,25-18)

(現地4/9)

 リーグきっての名門クラブでありながら、昨季は最下位に沈んだベルゴロド。捲土重来を期す今季は、勝ち星を重ね、プレーオフ進出を視野に収めてきた。そうしてホームで迎えた今節は、第1セットから優位に試合を進める。中盤でウレンゴイのOPウラディスラフ・バドケビッチ(ベラルーシ)の猛攻を受けて点差を詰められるも、OHパベル・テチューヒン(ロシア)が2本のサービスエースを奪いセットを先取する。

 

<偉大なバレーボール選手、セルゲイを父に持つ⑧パベル>

 

 続く第2セットを大差で獲得すると、第3セットは計5本のブロックシャットを浴びながらも、中盤で逆転に成功し、そのまま勝ち切ってみせた。ストレート勝ちを収めたベルゴロドは、7位以下のチームが残り試合を全勝しても勝ち数で上回れないことから、6位が確定。ボリス・コリチン監督は「素晴らしい試合、素晴らしい結果です。すべてのボールに対して、戦う姿勢を見せていました」と選手たちを称えた。

 

<名門復活へ。チームの指揮を取るコリチン監督(右から3番目)>

 

*****

 

◆《第25節》スルグト 3-1 オレンブルク

(17-25,25-19,25-18,25-14)

(現地4/9)

 5連敗中のスルグトは悪い流れが続いたか、第1セットを落としてしまう。それでも、第2セットからはOHキリル・コスティレンコ(ロシア)を中心に攻めたてると、第3、第4セットではともに5本のブロックポイントをマークして逆転勝利を収めた。コスティレンコはチーム最多15得点。MBアルチョム・ドブガン(ロシア)の最多5本のブロックポイントも光った。

<連敗を5で止めたスルグト>

 

++++

◆《第25節》サンクトペテルブルク 3-0 クラスノヤルスク

(25-21,25-18,25-20)

(現地4/10)

 すでにプレーオフ進出を決めているサンクトペテルブルクは、勢いを継続したいところ。4連敗中のクラスノヤルスクに勝ち星を落とすわけにもいかず、きっちりとストレート勝ちを収める。両チーム通して最多6本のブロックポイントをマークした、サンクトペテルブルクのMBイバン・ヤコブレフ(ロシア)は「すべての試合が、プレーオフにむけた準備になります。この試合でも成長できました」と手応えを口にした。

 

++++

◆《第25節》モスクワ 3-0 レニングラード

(25-22,25-19,25-21)

(現地4/10)

今季のレギュラーシーズン2度目の“ディナモ・ダービー”は、首都のモスクワが前回(第12節/3-1)に続いて、今回も勝利を収める。OHヤロスラフ・ポドレスニフ(ロシア)が4本のサービスエースを含む最多17得点をマーク。また、Sパベル・パンコフ(ロシア)も3本のサービスエースを奪い、決定本数でリーグトップ(57本)をひた走っている。

<①ポドレスニフはシーズンを通して安定のパフォーマンス>

 

++++

◆《第25節》ノヴォシビルスク 3-0 ニジネヴァルトフスク

(25-16,25-18,25-16)

(現地4/10)

 ホームのニジネヴァルトフスクは誰一人として2桁得点をあげることができず完敗。対するノヴォシビルスクは、OHセルゲイ・サビン(ロシア)がチーム最多15得点、OPドラジェン・ルブリッチ(セルビア)が14得点と続いた。かつてニジネヴァルトフスクに5シーズン所属したサビンは「ここは私にとって家族のような場所です」と思いを馳せた。

 

++++

◆《第25節》ケメロヴォ 3-1 ニジニ・ノヴゴロド

(19-25,28-26,25-11,25-23)

(現地4/10)

 セットを先取されたケメロヴォは第2セット開始時から選手2名を交代して反撃を開始。OPビタリー・パパゾフ(ロシア)の最多18得点を含め、4選手が2桁得点をマークしたほか、MBペータル・クルスマノビッチ(セルビア)が5本のサービスエースを奪って、逆転勝利の立役者となった。

 

++++

◆《第25節》カザン 3-0 ウファ

(25-18,25-23,25-22)

(現地4/10)

 ホームのカザンはOHアンドレイ・スルマチェフスキ(ロシア)が3本のブロックポイントを含むチーム最多16得点をマークする。守っては、第2セットで4本、第3セットで6本のブロックポイントをあげて、ウファの攻撃をはね返しストレート勝ち。堂々のレギュラーシーズン1位通過を決めた。

 

++++

ロシア・スーパーリーグ男子 レギュラーシーズン

==順位表/第25節終了時点==

1 カザン 241(勝ち点73)-

2 ノヴォシビルスク 213(勝ち点61)-

3 モスクワ 214(勝ち点558-

4 サンクトペテルブルク 187(勝ち点53)-

5 レニングラード 168(勝ち点43)-

6 ベルゴロド 1311(勝ち点44)-

7 ケメロヴォ 1114(勝ち点35)▲

8 ニジネヴァルトフスク 1114(勝ち点31)▼

9 ウレンゴイ 916(勝ち点23)-

10 ニジニ・ノヴゴロド 817(勝ち点27)-

11 クラスノヤルスク 718(勝ち点22)-

12 スルグト 718(勝ち点20)-

13 ウファ 519(勝ち点19)-

14 オレンブルク 2勝23敗(勝ち点10)-

※勝敗(勝ち点)記号は前節からの推移

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

  • インターハイ2021

pagetopbtn