gv-logo

[イタリア21/22]ルーベが7度目のリーグ優勝 ホームのファイナル第4戦で完勝

  • 海外ニュース
  • 2022.05.14

世界最高峰リーグと称されるイタリア・セリエAの模様をゲームラウンドごとにお届けする『WEEKLY SERIE A』。2021/22シーズンのスクデット(リーグタイトル)争いが決着しました。優勝は…、ルーベ・チヴィタノーヴァ!!

(Photo:legavolley.it)

※ポジション表記/OH …アウトサイドヒッター、OP…オポジット、MB…ミドルブロッカー、S…セッター、L…リベロ、C…コーチ

 

 

■最後はストレート勝ち!! ホームでルーベが7度目の戴冠

 [MATCH OF THE ROUND]

◆《決勝R第4戦》ルーベ 3-0 ペルージャ

(25-23,25-16,25-21)

(現地5/11)

 歴史上、77回目となるスーペルリーガの決勝。終わってみればルーベの支配下にあったファイナルだった。2勝1敗で迎えた第4戦をホームで戦うルーベは、試合開始早々にSルチアノ・デセッコ(アルゼンチン)がコートサイドのフェンスを越えながらボールをつなぐファインプレーも見られ、ムードは上々。デセッコがペルージャのOPカミル・リキリチ(ルクセンブルク)を1枚ブロックで仕留めるなど計5本のブロックポイントをあげて第1セットを先取する。

 

<ペルージャの①アンダーソンのアタックの前に立ちはだかる>

 

 第2セットは序盤からMBロベルランディ・シモン(キューバ)がクイックで得点を重ねたほか、OPイバン・ザイツェフ(イタリア)やOHマーロン・ヤント(キューバ)のサービスエースでブレイクを奪い、じりじりと点差を広げていく。20-16からは3本のブロックシャットを含む5連続得点をマークして、ついに優勝へ王手をかける。

 

 第3セットも勢いはそのままに、デセッコが乱れたサーブレシーブをツーアタックと見せかけてスルーし、ボールが相手コートにポトリと落ちる“妙技”も見られた一方で、ヤントがしっかりとラリーを締めるなど高い決定力を披露。対するペルージャもOHウィルフレド・レオン(ポーランド)とOHマシュー・アンダーソン(アメリカ)が果敢に攻めたて終盤まで競り合う展開となったが、19-20からルーベは一気に5連続得点としてチャンピオンシップポイントに到達する。

 

<20歳のヤント(コート奥中央)は今季大ブレイク>

 

 MBシモーネ・アンザーニ(イタリア)のサーブミスでサイドアウトとなったが、最後はリキリチのサーブをLファビオ・バラーゾ(イタリア)が見切り、ボールはエンドラインの外へ。ペルージャが通算7度目、コロナ禍で中止となった19/20シーズンを挟んで3季連続の優勝に輝いた。

 

 MVPはプレーオフに突入後、決定力の高さと相手をはねかえすブロックが光ったMBロベルランディ・シモン(キューバ)が受賞。シモンは「幾多の困難が降り注ぎましたが、私たちは信じることをやめませんでした。私のMVPは素晴らしい評価を意味しますが、これ自体は賞品に過ぎません。大事なのは勝つこと。今、私たちはここにいます」と喜びの言葉を口にした。

 

<圧倒的なパフォーマンスで堂々のMVPに輝いたシモン>

 

*****

 

イタリア・セリエA

==プレーオフ/決勝ラウンド==

ペルージャ●●〇● vs. ルーべ〇〇●〇

ルーベ:2年連続7度目の優勝(05/06,11/12,13/14,16/17,18/19,20/21,21/22)

 

==5位決定プレーオフ順位表==

1 ピアチェンツァ 50(勝ち点14)

2 チステルナ 32(勝ち点10)

3 モンツァ 32(勝ち点9)

4 ヴェローナ 23(勝ち点6) ※セット率0.91

5 ミラノ 23(勝ち点6) ※セット率0.90

6 ターラント 05(勝ち点0)

 

==レギュラーシーズン最終順位表==

1 ペルージャ 222(勝ち点67)

2 ルーベ 195(勝ち点57)

3 トレンティーノ 177(勝ち点53)

4 モデナ 186(勝ち点51)

5 ミラノ 1311(勝ち点41)

6 ピアチェンツァ 1212(勝ち点37)

7 モンツァ 1113(勝ち点31)

8 チステルナ 1014(勝ち点30)

9 ヴェローナ 1014(勝ち点27)

10 ターラント 816(勝ち点26)

11 パドヴァ 915(勝ち点24)

12 ビーボ・ヴァレンティア 717(勝ち点22)

13 ラヴェンナ 024(勝ち点2)

 

==プレーオフ/準々決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ〇〇 vs. チステルナ●●

モデナ〇〇 vs. ミラノ●●

ルーベ〇〇 vs. モンツァ●●

トレンティーノ〇●〇 vs. ピアチェンツァ●〇●

 

==プレーオフ/準決勝ラウンド勝ち取り表==

ペルージャ●〇●〇〇 vs. モデナ〇●〇●●

ルーベ●●〇〇〇 vs. トレンティーノ〇〇●●●

 

〔責任編集:GUCII(坂口功将/編集部)〕

 

【関連記事】

大塚達宣(パナソニック)ベストパンサー率は40%超え! ファイナルステージ進出へ重圧も楽しむ

「自分からいいですか?」前嶋悠仁が憧れの浅野博亮さんに聞きたかったこと

パナソニックパンサーズ 大塚達宣のジュニア時代を恩師が振り返る「チームを引っ張れる選手だった」

 

 

 

  • インターハイ2021

pagetopbtn