gv-logo

男子日本代表 アメリカにフルセットで惜敗

  • 日本代表
  • 2022.06.11

【Photo:Volleyball World】

 

 ネーションズリーグ(VNL)2022男子予選ラウンド第1週ブラジル大会は、現地6月10日(金)にブラジリアで予選ラウンド4日目が行われ、日本(FIVBランキング11位)はアメリカ(同6位)と対戦し2-3で敗れた。

 

 日本は宮浦、大塚を今大会初めてスタメン起用。第1セットを宮浦らの活躍で奪ったものの、その後2セットを連取される。第4セットを28-26で取り返しフルセットへ持ち込んだが、最後はアメリカに突き放された。(記事内のFIVBランキングはすべて日本の試合前のもの)

 

 今大会は、出場する男女各16ヵ国が1週ごとに8チームずつ2組に分かれて各週4試合(計12試合)の予選ラウンドを戦い、上位8チームがファイナルラウンドに進出する。

 

■ネーションズリーグ2022男子予選ラウンド

第1週ブラジル大会第4日目

日本(2勝1敗) 2-3 アメリカ(3勝)

(25-17, 15-25, 21-25, 28-26, 9-15)

 

■日本の第1セットスターティングメンバー

髙橋藍、山内、宮浦、大塚、村山、永露、リベロ山本

 

■日本のトップスコアラー(上位3人)

宮浦  20得点(アタック19得点、1ブロック得点)

髙橋藍 12得点(アタック12得点)

石川   9得点(アタック7得点、ブロック1得点、サーブ1得点)

 

■次戦

6月11日(日)現地時間13:00(日本時間翌1:00)

対戦相手:イラン(FIVBランキング7位)

 

■アメリカ戦のテレビ放送予定

BS-TBS  6月11日(土)21:00〜

 

 

石川、西田、村山、髙橋藍が2ケタ得点 男子日本代表がVNL初戦オランダに逆転勝利

 

【貴重写真】大塚達宣の高校時代を始め、大学、Vリーグ、日本代表のフォトギャラリー【20枚】

 

【貴重写真】髙橋藍の高校時代を始め、大学、日本代表のフォトギャラリー【20枚】

 

【次ページ】髙橋藍のアタックなどアメリカ戦の写真

  • インターハイ2021

pagetopbtn