gv-logo

定期購読

もう一つの男子日本代表 合宿で生まれる“ケミストリー” 薩摩川内合宿レポート5

  • 日本代表
  • 2022.07.21

 

ウォーキングで練習開始。(手前左から)富田、藤中(颯)、高橋

 

男子日本代表Bチームは6月27日(月)から7月8日(金)まで、鹿児島県薩摩川内市のサンアリーナせんだいにて強化合宿を行った。6月上旬から行われた味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC・東京都北区)での合宿に続くもので、本年度男子代表登録メンバーと「2022AVCカップ男子」日本代表候補選手の中から計17名が参加。期間中、チームはネーションズリーグ(VNL)大阪大会に向け合宿していた男子アルゼンチン代表と、練習試合を2試合行った。日本代表Bチームにとって最大のターゲットは、8月7日(日)からタイのナコンパトムで開催される「2022AVCカップ男子」。同大会の成績はFIVB世界ランキングにAVC大陸ランキングポイントとして反映されるため、優勝を目指して準備を進めている。

 

 合宿終盤の選手、監督に合宿の成果や現在の心境などを聞きました。

 

「地元の子どもたちの目標になれたら」仲本賢優

――代表合宿は初招集となります

 合宿を通してすごくいい雰囲気で、意識を高く持ってやれています。

 

――アルゼンチンとの練習試合では動きが光りました

 日頃からVリーグでも高いブロックに対してどうやって打つか、というのは取り組んできたので、今回特別にゼロから新しいことをやるというわけではなく、今までやってきたことをどうやって生かしていくかに集中した。その考え方がクリアだったので、いいプレーにつながったかと思います。

 

――このチームにもすぐフィットしたのでは?

 合わせるのは苦手ではないほうです。最初は2人のセッターとずっとコミュニケーションをとりながら、お互いのいいところを生かそうと話し合ってきたので、フィットしていけました。

 

――ムードメーカー的な存在です

 短期間でお互いのいいところを出していかないといけないので、そうできるように、いい雰囲気をつくるというのは意識してやっているところです。

 

――紅白試合が地元沖縄で7月末に開催されます

 はい。まあ、出場できるかは自分で決められることではないですが(笑)※ 自分が小学校低学年くらいのときに、山村(宏太)さん、山本隆弘さん、千葉(進也)さんなどが沖縄に来てゲームがありました。そのときのサインは実家に飾ってあります。

※7月20日発表の紅白戦出場メンバーに選ばれました

 

――ご自身が今度はそういう存在となります

 そうですね、なれるように頑張らないといけないかなと思います(笑)

 

――今後の目標を

 2024パリオリンピックを一つの大きな目標にしていきたいです。もちろんそれまでにどうステップを踏んでいくかというのはありますが、チームジャパンとしてメダルを取るというのが目標としてあるので、そこに向かって僕も頑張っていきたいと思います。

 

 小さいころの思い出を交えて、ニコニコと話してくれた仲本選手。「沖縄の星です」と、観客からも注目を集めていました。

 

 

「もう一度レベルアップを」富田将馬

――VNL出場からの合宿参加

 精神的な疲れと、身体の疲労もあることはありますが、こっちでもう一回アピールしないと、向こう(A)には戻れないと思うので。力を振り絞って、じゃないですけど(笑) 頑張っています。世界を相手にプレーをするのは初めてで、ブロックの高さなど自分が通用しない部分がけっこう出てしまった。そこをこのチームでもう一度レベルアップしたい。パス(サーブレシーブ)に関しては通用する部分もあったので、そこは伸ばしつつ、世界をイメージしながら練習できるような環境になったかな、と。自分がやってきたことをこのチームに還元して、みんなでレベルアップできるよう意識してやっています。

 

――東レメンバーとの再会もありました

 バレーボール関係なく、東レでこんなことあったよ、と話したりしています。

 

――今後の目標を

 Aチームのメンバーとして戦うのが今の目標なので、こちらで技術面を向上させつつ、いつでも向こうに戻れるような準備をしていきたいです。

 

 弾むようにテンポよく話す富田選手。言葉のとおり、練習から渾身(こんしん)のプレーで、いい汗をかいていました。

 

【次ページ】小野遥輝・小宮雄一郎・難波尭弘が合宿を通して感じたこと

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高

pagetopbtn