gv-logo

定期購読

もう一つの男子日本代表 “日本のバレーが変わった” 薩摩川内合宿レポート6

  • 日本代表
  • 2022.07.21

 

 

笑顔がキラリ

 

男子日本代表Bチームは6月27日(月)から7月8日(金)まで、鹿児島県薩摩川内市のサンアリーナせんだいにて強化合宿を行った。6月上旬から行われた味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC・東京都北区)での合宿に続くもので、本年度男子代表登録メンバーと「2022AVCカップ男子」日本代表候補選手の中から計17名が参加。期間中、チームはネーションズリーグ(VNL)大阪大会に向け合宿していた男子アルゼンチン代表と、練習試合を2試合行った。日本代表Bチームにとって最大のターゲットは、8月7日(日)からタイのナコンパトムで開催される「2022AVCカップ男子」。同大会の成績はFIVB世界ランキングにAVC大陸ランキングポイントとして反映されるため、優勝を目指して準備を進めている。

 

 合宿終盤の選手、監督に合宿の成果や現在の心境などを聞きました。

 

 

「刺激を受け合って頑張りたい」深津旭弘

――チームの雰囲気はいかがですか?

 年齢の幅が、僕もいて(34歳)けっこう広いですけれど、だいぶコミュニケーションがとれてきました。真保監督のもと、いい練習ができているんじゃないかなと思います。

 

――深津さん、大竹さんがチームを引っ張っています

 僕もそんなに代表の経験があるわけではないですが、若い子たちに刺激を受けながら、いいチームをつくっていければいいかなと思っています。

 

――若い選手も多いです

 今の若い選手は高い力量を持っていて、あとはそれをどう発揮できるかの部分が大きい。その手助けをしたいと思うし、力になれたらいいなと。

 

――ご自身の調子はいかがですか?

 僕自身は別にあんまり(笑) 相変わらずといった感じですけど。アタッカー頼みでやっています、申し訳ないトスばっかりで。コミュニケーションをとって、若い子に助けられながら、楽しんでやっています。

 

――7月末の沖縄での紅白戦、8月の2022AVCカップまで長丁場です

 合宿は一度解散して、また東京、沖縄で合宿です。代表はこういうところなので、リフレッシュするときはして、やるときはやる、とメリハリをつけてやっています。

 

――2022AVCカップでは優勝を目指して

 そうですね。その目標のためにやっていますので。いい準備をして入りたいな、と思います。

 

 

――深津三兄弟の存在感が光ります

 (星城高校の恩師)竹内(裕幸)先生からは「いつまでやるんだ、いいかげんやめろ」と言われるんですけど(笑) 自分が何かできるかぎり、頑張ります。

 

――ファンの皆さんにメッセージを

 こちらBチームの若い選手も頑張っています。ここで結果を出して、ステップアップになればいいと思っていますし、そういう姿をぜひ見ていただけたら。トップチームとの選手の入れ替えなど、難しい部分もあるなかで、ここでどうにかチャンスを生かす、いいプレーをしてものにする、というのが大事。僕もここではここの役割で、頑張りたい。若い子よりも元気を出して、彼らの刺激になれたらいいなと思います。

 

 ご自身のSNSで合宿地のPRを多数投稿、「職員の皆さんによくしていただいてきたので」と、義理堅い深津選手です。「町の様子も含めて、こちらBチームも頑張っていますよ、と伝えられたら」とのことでした。

 

【次ページ】高橋和幸・山田大悟が合宿を通して感じたこと

pagetopbtn