gv-logo

定期購読

【四国インターハイ2022】インターハイ、春高女王を抑え、1位に輝いたのは…?【インターハイ出場キャプテンが選ぶ「対戦したいチーム」女子編】

  • 学生バレー
  • 2022.07.26

 

4位(5票)

東九州龍谷(大分)

昨年度はインターハイ、春高でまさかの2回戦敗退。雪辱を晴らすべく、身長185㎝の飯山エミリら大型選手たちが燃えている

 

主な選出理由

北山菜々実(富岡東高[徳島①])「中学生のときから東龍さんのバレーを見るのが好きで、ずっと憧れていたチーム。対戦できたら光栄」

 

照屋真鈴(首里高[沖縄])「見習うべきところが多く、自分たちが目指す速いバレーを完成させているチームだから」

 

その他投票したキャプテン

佐々木華奈(聖霊女短大付高[秋田])/篠田真央(県立岐阜商高[岐阜])/古賀日菜多(佐賀学園高[佐賀])/藥師寺希果(熊本信愛女学院高[熊本])

 

5位(3票)

就実高(岡山)

 

6位(2票)

八王子実践高(東京②)/京都橘高(京都)

 

8位(1票)

東京都市大塩尻高(長野)/開智高(和歌山)/共栄学園高(東京 ※インターハイは不出場)

 

文/田中風太

写真/山岡邦彦(NBP)、田中風太

 

ここに登場しなかった注目チームは、インターハイ出場選手名鑑付きの特集号(8月号)でチェック‼

ご購入はこちらから

https://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000002101/

 

【関連記事】

金蘭会が8連覇 インターハイ不出場の城南学園が初の準優勝【近畿大会(女子)】

 

インターハイ前回女王下北沢成徳が都を制覇 小川良樹監督ラストイヤーで今季初の全国制覇へ【インターハイ2022東京予選(女子)】

 

【四国インターハイ2022】月バレ特設サイト

 

【次ページ】その他の写真を見にいく

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高

pagetopbtn