gv-logo

定期購読

【四国インターハイ2022】駿台学園が決勝トーナメント進出、多彩なコンビネーションで粘る安来を退ける

  • 学生バレー
  • 2022.08.04

※写真はイメージ

 

強力なサーブで崩した駿台学園が2-0で勝利

 

8月4日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」男子初日、男子予選グループ戦、駿台学園(東京[1])は安来(島根)と対戦。前回大会準優勝の駿台学園が安来をストレートで下し、決勝トーナメント進出を決めた。


【表】四国インターハイ2022「男子予選グループ戦組み合わせ表」をチェック


第1セット開始直後、いきなり安来がブロックポイントを決めて、1-0とするも、すぐさま駿台学園#5三宅雄大がライトからスパイクを決めて1-1に。その後、安来の高速クイックが決まって2-1としたが、立て続けにサーブミス、スパイクミスが出て、駿台学園が4-2とリードする。

 

安来は#1道前天翔のライトスパイクやサウスポー#11板垣宏治や#5金坂夏汐の超高速クイックなどでポイントを奪うも、なかなか連続得点につながらず。一方の駿台学園は#3佐藤遥斗や#10荒井貴穂の鋭いスパイク、#1秋本悠月のクイックなどで得点を重ね、また連続得点が欲しいところで#3佐藤のサービスエースが出るなどジリジリと引き離し、駿台学園が13-8とリードしてタイムアウトへ。

 

その後も、#3佐藤、#1秋本、#5三宅を中心に終盤まで着実にポイントを積み上げていった駿台学園が第1セットを25-15と大量リードして先取した。

 

第2セットは、序盤から一進一退の攻防戦に。安来は安定したレシーブから#1道前やキャプテン#4仲佐蓮士、#2福山蒼大、#11板垣らが速い攻撃で得点。対する駿台学園はエース#3佐藤の強打、#5三宅のクイックなどで点数を重ねる。

 

中盤以降もシーソーゲームが続く緊迫した展開に。14-14と同点の場面で、駿台学園#5三宅がクイックを決めて15-14とすると、駿台学園は3枚ブロックを決めて連続得点に成功。しかし直後、安来もスパイクを決めて1点返すと、ネット際での押し合いを制して16-16と追いつき、お互いに一歩も譲らない。

 

その後も両者点数を取り合ったが、終盤に抜け出したのは駿台学園だった。19-19と同点の場面で安来にサーブミスが出ると、駿台学園#3佐藤がサービスエースを奪って21-19とする。安来も#4仲佐の時間差攻撃で1点返すと、続いて駿台学園にミスが出て、21-21の同点に。次の場面で安来は連続得点につなげたかったが、安来#5金坂のクイックを駿台学園#4亀岡聖成が一枚ブロックに成功。駿台学園が22-21とリードすると、安来に連続でミスが出てしまい、24-21と一気に駿台学園のマッチポイントに。その後、安来は#2福山のレフトスパイク、駿台学園のミスで2点を返したものの、追いつくまではいかず。最後は駿台学園がネット際のボールを押し込み、25点目を奪取。駿台学園が2セット目も25-23で取り、粘る安来にストレート勝ちして決勝トーナメントへ駒を進めた。

 


「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

pagetopbtn