gv-logo

定期購読

【四国インターハイ2022】身長207cm麻野を擁する東山が新発田中央に終始リードを保ち、決勝トーナメント進出を決める

  • 学生バレー
  • 2022.08.04

高いブロックと多彩な攻撃を見せた東山がストレート勝ち

 

8月4日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」男子初日、男子予選グループ戦、東山(京都)は新発田中央(新潟)と対戦。日本代表にも選ばれた#2麻野堅斗を擁する東山が新発田中央に2-0で勝利し、決勝トーナメントへ駒を進めた。


【表】四国インターハイ2022「男子予選グループ戦組み合わせ表」をチェック

試合開始直後、東山は#4花村知哉がライトからスパイクを決めると、新発田中央にミスが出て2-0とリード。その後、新発田中央はキャプテン#3服部将真のスパイクなどで2-2と同点にするが、東山の高いブロックの前にスパイクのミスが出て、東山が4-2と再びリードを奪う。

 

新発田中央は#3服部や#2倉島頼蛾らの速い攻撃で得点していくが、東山#2麻野にサービスエースを取られるなどサーブでプレッシャーをかけられてミスを多発。東山は#3尾藤大輝のライトからの速いスパイク、#2麻野のクイック、#10田中拓磨の速いBクイックなど自在な攻撃が決まり、13-8とリードしてタイムアウトを迎える。

 

中盤、新発田中央は#3服部の時間差攻撃などで追い上げを図ったが、東山がブロックポイントを連続して決め、16-9と大きく点差を広げる。終盤にかけても、東山の高いブロックの前に、新発田中央が思うように攻撃を決めることができない展開。東山は#3尾藤のライトスパイクや#2麻野のレフトからのブロード攻撃、#4花村の時間差攻撃などでポイントを重ね、第1セットを25-13で取った。

 

第2セットも、第1セットと同様に流れをつかんだのは東山。いきなり、2本連続してブロックを決めると、新発田中央にミスが出て3-0とリード。新発田中央は#3服部らのスパイクで追いかけるが、東山の強いサーブに崩されコンビがなかなか合わない。対する東山は、#2麻野がクイックなどネット際で強さを発揮し、連続得点に成功。第2セットも13-6と大きく点差をつけてタイムアウトへ。

 

タイムアウト後も、新発田中央は#3服部らのスパイク、#11玉木翔大のサービスエースなどで追い上げを見せるが、東山に連続ブロックポイント、#4花村のサービスエースなどが出て18-9と点差は縮まらない。

 

終盤も、東山は#5勝山翔太のセンターに切り込むスパイク、#2麻野のブロード攻撃、ブロックポイントなどを次々と決めて一気に20-10とする。新発田中央は#3服部、#2倉島らを軸に攻撃を仕掛けるも、連続得点はできない。最後は東山の#3尾藤がセンターからバックアタックを決めて、東山が25点目を奪取。#2麻野の高さに加えて、多彩な攻撃バリエーションを見せた東山がストレートで新発田中央を下し、決勝トーナメント進出を決めた。


「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

pagetopbtn