gv-logo

定期購読

赤土が砂浜に! ビーチバレーボールのプロツアー大会がテニス世界四大大会、全仏オープンの会場で開催

  • ビーチバレー
  • 2022.09.30

 

 

【Photo:FIVB】

 

約400トンもの砂が運び込まれ、“赤土”が“砂浜”に変身

 9月28日(水)、ビーチバレーボールのプロツアー大会「パリ・エリート16」(9月28[水]〜10月2日[日]/パリ[フランス])が開幕し、テニス世界四大大会の一つである全仏オープン(ローランギャロス)のセンターコートで試合が行われた。

※テニス世界四大大会とは国際テニス連盟が定めた全豪オープン、全仏オープン、ウインブルドン、全米オープンのこと

 

【動画】オリンピック金メダリスト、男子ノルウェー代表ペアのプレーをチェック

 

 この全仏オープンのセンターコート「コート・フィリップ・シャトリエ」は、サーフェス(表面)が赤土で知られる、伝統のあるコート。そのローランギャロスの94年の歴史の中で、今回初めて400トンもの砂がセンターコートを覆い、ビーチバレーボールの試合が開催された。

 

 大会初日には数千人のファンが会場に駆けつけ、オリンピックのメダリストたちが、最も有名なスポーツ会場の一つである場所で最高レベルのパフォーマンスを披露した。

 

 初日に2勝し、昨年の東京2020オリンピックで金メダルを獲得した男子ノルウェー代表のアンダース・モル/クリスチャン・ソルム(FIVBビーチバレーランキング4位)組は、同胞の男子テニスプレーヤー、キャスパー・ルードが今年の全仏オープンで決勝に進んだことをテレビで見ていたと話し、「私たちもまず決勝に進みたい。このスタジアムでプレーできるなんて、素晴らしいことだよ。もし勝てば、もっとすごいことになる」と、今大会への意気込みを語っている。

 

 男女トップ16ペアによって争われる今大会は、今週末10月2日(日)まで行われる。なんとも珍しい“砂浜のローランギャロス”をぜひチェックしてみてほしい。

※記事内のFIVBランキングはすべて9月26日9:00時点のもの

 

【関連記事】

大森二中男子バレーボール部が湘南で取り戻した「好き」の心。コロナ禍を乗り越えて

 

男子は神港ジュニア、女子はクラブレリーフが優勝 湘南藤沢カップ3年ぶり開催

 

【次ページ】オリンピック金メダリスト、男子ノルウェー代表ペアのプレーをチェック

pagetopbtn