gv-logo

定期購読

リガーレ仙台のホームゲーム連勝 ジュニアチームが勝利の女神に!?

  • V2・V3
  • 2022.11.17

 

 

 

 VリーグのDIVISION2 WOMEN(V2女子)はリガーレ仙台が、11月12日(土)、13日(日)に本山製作所青葉アリーナ(宮城)のホームゲームで連勝を飾った。その13日の会場には、チームのジュニアチーム「リガーレジュニア」の選手たちが登場した。

 

 

リガーレジュニアの選手たちはトップチームの佐藤あり紗監督兼選手と記念撮影。小学生(前列)チームも初のユニフォーム姿を披露した

 

 この日、試合の前に、エキシビションマッチというほどでの規模ではなかったが、リガーレジュニアと、同じく宮城県を拠点に活動するクラブチームの「TEAMi」がコートに立ち、ラリーを披露した。なお、TEAMiはリガーレ仙台の佐藤あり紗監督兼選手の出身クラブでもある。

 

 その後、試合の始球式をリガーレジュニアのキャプテンが務め、見事なジャンプフローターサーブを決めて、トップチームの選手たちから温かい祝福を受けた。試合前の円陣ではトップチームとジュニアチームが一緒に円陣を組むなど世代を超えたつながりを力に変えた仙台は、リーグ参戦2季目にして初の“ホームゲームでの連勝”。ジュニアチームの選手たちが小さな、勝利の女神となったのかもしれない。

 

 リガーレジュニアは現在、東北地方のクラブチームで行われている「東北アイリーグ2022」にも参戦中。12月下旬のファイナルにむけて、日々練習を積んでいる。

 

(写真提供:リガーレ仙台ジュニア)

 

【関連記事】

リガーレ仙台 栁下夏苗の入団を発表

 

GSS東京 色摩知巳がVリーグ230試合出場を達成

 

アイシンの女子U14チーム「Tealmare Jr. OCEAN WINS」に代々受け継がれる全力笑顔と2022年の戦い

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn