gv-logo

日本代表応援サイト

連日の大観客。東京GB主催の有明コロシアムで中学生たちが“目撃”したVリーグ

  • 編集部取材
  • 2023.04.21

 

三宿中女子バレーボール部の部員たちの意識にも変化が

 

観戦後の部員たちに見られた変化

 

 部員たちの姿は、高橋さんの目にはこのように映っていた。

 

「部員たちはそれぞれ、自分のポジションに寄り添って見ていたようです。セッターは『その位置からあそこまで上げるんだ!!』と目を丸くしていました。エースの島津は、相手のジェイテクトSTINGSの柳田将洋選手を見て、サーブレシーブからバックアタックに入る動きを注視していたようです」

 

 島津選手に聞くと、特に見ていたのは柳田のほか、男子選手のサーブだという。

 

「どういうところを通せば、どのようにボールが落ちるんだろう、とボールの軌道や変化を見ていました。私もジャンプフローターやジャンピングサーブなど、いろんなサーブを打つので。普段の練習から、コースを狙うことを意識するようになりました」

 

2年生エースとして、さらなる活躍を誓う島津

 

 三宿中は今年3月に東京農業第一高等学校(東京)で行われた「第5回農大カップ」に出場。島津はサーブでチームに流れを引き寄せた。またチームとしても3位の成績を収め、高橋さんは「Vリーグの試合を見たことで、バレーボールをプレーするうえでの考え方が、素人の域から少し出たのかなと感じます。決まったからすごい、ではなくて、決まるまでのプレーについて話す場面が増えました」と部員たちの成長を語った。

 

 あの日、中学生たちはトップ選手たちのプレーを“目撃”した。それはきらびやかに映り、同時にプレーヤーとしては成長につながるきっかけをつかむ機会となった。

 

憧れの場。国内リーグの持つ価値が、そこには確かにあった。

 

東京GBvs.ジェイテクトの試合の様子

 

(取材・三宿中写真/坂口功将〔編集部〕 Vリーグ写真/中川和泉〔NBP〕)

 

 

〔フォトギャラリー〕第5回農大カップ 出場全12チーム

 

駿台学園中男子 関隼翔「緊張しました」と両親の母校で東西交流杯優勝

 

駿台学園中男子が東西交流杯で優勝 65チームが参加し4年ぶりに開催

 

【次ページ】東京GB「満員プロジェクト@有明」の試合のフォトギャラリー

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn