gv-logo

春高2024

花村知哉キャプテン(東山高)が語る後悔と決意 全国三冠へ「笑って終われるようにしたい」【黒鷲旗出場高校生チーム】

  • 高校生
  • 2023.04.28

 

2022年度はインターハイで初優勝を飾りながら、春高ではベスト4と悔しい結果に終わった東山高(京都)。2023年度のキャプテンに就任した花村知哉が、新シーズンの決意を口にした。悔しさが募った1年を経て、次こそは目標の「全国三冠」を達成する

 

 

今シーズンの目標を力強く書き込んだ花村

 

 

左ヒザをかばい満足のいくプレーはできず

 

 頭ではわかっていた。だが、思い通りに体が動かなかった。

 ともに全国二冠を目指す鎮西高(熊本)との春高準決勝。第5セットは10-11と逆転を許した。相手サーバーにはエース舛本颯真(現・中央大1年)。これ以上の連続失点は許されない場面だ。バックライトで構える花村には確信があった。

 「(コートの)中に入ってくる」

 ボールをななめにとらえる舛本のサーブは、コートの外側へと大きく曲がる。ライト側から放たれたボールは、予測通りの軌道を描いてきた。それでも、だ。

 「いつもだったら左足でふんばって、ボールに触ることができたかもしれません。でも、ふんばろうとしたら力が入らなくて」

 サイドライン際を突くノータッチエース。ボールに触れられず、花村はコートに右手をついてよろめいた。その後も舛本のサーブは続き、5連続失点で大勢は決まった。

 

 涙を見せる仲間たちとは違い、試合後は感情を抑えた。「正直、自分がチームに何もいい影響を与えられなかったというか、引っ張ることができなかったので」。だがその後に、さまざまな思いが湧き上がる。「決勝のセンターコートで3年生を胴上げできなかった悔しさがこみ上げてきて…」。テレビのインタビューを受けるころには、目は真っ赤になっていた。

 

 

準決勝で敗れ、会場を後にする花村。その後、感情があふれ出た(写真/中川和泉)

 

 土壇場でふんばりが利かなかった左ヒザは、限界寸前だった。最初に違和感があったのは昨年10月の九州遠征後。その後は治療を続けながらも出場を続けたが、本戦ではベストパフォーマンスを出せなかった。

 「ケガのせいにはしたくないですが、かばっていたり、練習で思いきり跳べていなくて。自分のスパイク力がだんだん落ちていることもわかっていました。スパイクで貢献ができなかったのが、いちばん悔しいです」

 

 大会後のMRI検査では、「疲労骨折の疑いがあるような症状」と春高前より症状が悪化していることが判明。その後は練習には参加せず、回復に専念した。

 「ケガは自分のケア不足だと思っているので。毎日の練習後だったり、お風呂を上がった後のストレッチとか、もっとできることはあった。自分はそこがまだおろそかだったので、これからのバレーボール人生に向けて気づかされたことではあります。でも、もっとケアをしておけば、と感じます」

 

 

春高後は練習に参加せず、コートの外から仲間を鼓舞

 

キャプテンとしての理想像

 

 涙とともに幕を閉じた2年目だが、ラストイヤーは前を向かないといけない。

 

 2年生時から副キャプテンを務めており、新チームではキャプテンに就任。もともと「人にちょっかいをかけたり、変なことをして笑わせたいタイプ」と自己分析するだけに、気を引き締めた。

 「自分ができていないのに、人に注意するのは絶対に違うと思うので。キャプテンになったからには、自覚を持った行動をしようと思っています」

 

 人に言う前に、まずは自分が姿勢で見せる。それは「理想像」であり「マネしていきたい」とリスペクトする先輩の存在が大きい。前キャプテンの池田幸紀(関西大1年)だ。

 「幸紀さんは、人に言うからにはいちばん早くに朝練に来ていたり、勉強でも何でもほんとうにまじめに完璧にこなす方なので。だから注意されたとしても、不満を言わずに直そうとする意識がみんなにありました。チームをまとめて、引っ張っていけるようなほんとうにすごいキャプテンで、僕もそんな存在になりたいです」

 

 

信頼を寄せる池田前キャプテン(左)と。同キャプテンからは「いつでも頼ってきてほしい」とエールを送られた

 

 掲げるのは昨年度と同じ「全国三冠」。「練習からしっかりレベルの高いものを求めて、取れるように頑張っていきたいです」と語るなか、特につかみたいタイトルがある。

 「インターハイ、国体もありますが、やっぱり最後は悔しい思いをした春高で絶対に勝ちきるために。どんどん成長して、笑って終われるようにしたいです」

 もう涙は流さない。今度はその先頭で、目標を実現してみせる。

 

花村知哉

はなむら・ともや/3年/身長181㎝/最高到達点330㎝/雄新中(愛媛)/アウトサイドヒッター

攻守に安定感のあるプレーで、1年生時からレギュラー。2年生時には打力を上げ、パイプ攻撃でも存在感を発揮した。兄は花村和哉(順天堂大3年)で、たびたび連絡を取る仲

 

文・写真/田中風太

 

【関連記事】

部活動が抱える問題の改善へ 愛知工大名電高が「活動支援募金」をスタート 北川祐介監督「これまでの部活動からは変わってくる」

 

【さくらバレー】昇陽が初優勝 男子大会最終日(3/24)結果一覧

 

男子大会全51試合結果、個人賞受賞選手一覧【春高2023】

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn