gv-logo

春高2024

日本代表 柳田将洋“人生初”の始球式を振り返る「18メートルが遠く感じました」

  • 日本代表
  • 2023.05.15

 2023年度男子日本代表メンバーの柳田将洋(ジェイテクトSTINGS)が4月23日(日)、神宮球場(東京)でのプロ野球(読売ジャイアンツvs.東京ヤクルトスワローズ)の試合前に設けられた始球式に登場し、そこでナイスピッチングを披露した。自身にとって人生初の体験を振り返ってもらった。

 

<柳田将洋(やなぎだ・まさひろ/1992年7月6日生まれ/身長186㎝/最高到達点335㎝/東洋高〔東京〕→慶應義塾大→サントリーサンバーズ→ビュール〔ドイツ〕→ルビン〔ポーランド〕→フランクフルト〔ドイツ〕→サントリー→ジェイテクトSTINGS/アウトサイドヒッター)>

 

――ご自身のSNSにも書かれていましたが、緊張されたとか

柳田 緊張しましたね、やっぱり。でも、球場の雰囲気がすごくよかったので、ほんとうに気持ちよく投げられました。

 

――野球も含め、キャッチボールのご経験はありましたか?

柳田 元々、野球自体の経験がありませんでした。なので、僕も最初は「練習しよう」と思っていましたし、周りの経験者の方々からも「練習したほうがいいよ」とめちゃくちゃ言われていました。ただ、練習してしまうと、逆に何かあるじゃないですか(笑) 準備しすぎたゆえに、余計に緊張しそうな気がしたので…。もうぶっつけ本番でいいや、と思って練習せずに行きました。

 

――ということは、ピッチングフォームは見よう見まね?

柳田 そうです(笑)

 

<サーブは自身の持ち味だが、ピッチングはまた違ったようで…>

 

――結果はノーバウンドで、右バッターに対して外角低め、バレーボールで表すならゾーン5に、しっかりと入りました

柳田 まずは届かなきゃいけないよね、という話をしていたので、意識していたのはそれだけです。直前に選手の方と10球ほどキャッチボールをさせてもらって。それで、こんな感じか、というイメージをつかみました。何より関係者の方々からいただいた「力んで下に投げてしまう人が多い。なので、自分が思った以上に上に投げたほうがいい」というアドバイスが僕の中ではとても重要でした。うまく投げられたのは、そのおかげです。

 

――サーブを打つときは冷静な柳田選手ですが、投げた瞬間はいかがでしたか?

柳田 マウンドからバッターボックスまでの距離がだいたい18メートルらしくて、バレーボールのコート1個分くらいなんですね。ですが、わけがわからないくらい遠く感じました(笑) いつもの18メートルなんて思えないくらい。

 

 バッターボックスがとても小さく見えましたし、プロのピッチャーはこの距離で変化球を織り交ぜながら投げているんだ、と思うと、すごいなぁ、って。僕自身、すごくいい経験をさせてもらいました。

 

<始球式では見事なノーバウンド投球を披露。さすがの勝負強さ(写真は第71回黒鷲旗のもの)>

 

(取材/坂口功将〔編集部〕 写真/中川和泉〔NBP〕、田中風太〔編集部〕)

 

*****

Vリーグ閉幕&代表カムバック

柳田選手の思いが詰まったインタビューは

『月刊バレーボール』2023年6月号(5/15発売予定)に掲載

お求めは【NBPオンラインショップ】で→コチラ

 

>>><次ページ>【動画(SNS)】ナイスピッチング!! 始球式の模様

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn