gv-logo

春高2024

男子日本代表はVNL名古屋大会4戦全勝 東京2020オリンピックの王者フランスを撃破

  • 日本代表
  • 2023.06.11

 

【Photo:FIVB】

 

 ネーションズリーグ(VNL2023男子予選ラウンド第1週は最終6日目を迎え、611日(日)に日本(FIVBランキング7位)は第4戦でフランス(同5位)に3-1で勝利。4連勝で日本ガイシホール(名古屋市)での戦いを締めくくった。

 

 フランスは2021年の東京2020オリンピック王者であり、昨年も要所で日本の前に立ちはだかってきた強豪。今回もフルメンバーではないものの、そのポテンシャルは高い。

 第1セットはやや日本にミスが先行して6-11と追う展開。しかし西田有志のフェイントを皮切りに、長いラリーでは髙橋健太郎と髙橋藍の2枚ブロックで追加点、石川祐希主将のサービスエースも決まって11-13と迫った。さらに西田の得点で17-17と同点に追いついて競り合ったが、最後は相手オポジットのテオ・フォルにスパイク、ブロックを決められて落とした。

 

 第2セットは石川主将の活躍に加え、髙橋(健)や小野寺太志らミドルブロッカー陣がブロックを決めて15-11とリード。カバーした後で戻ってブロックを決める、石川主将のビッグプレーもあったが、フランスにも要所でブロックされるなどして20-21。しかし前衛に入った宮浦健人が強打を決めると、西田のサービスエースで突き放し、最後も宮浦のブロックでセットを取り返した。

 

 第3セットは序盤に髙橋(藍)が緩急をきかせたサーブで連続エースを奪ったが、中盤までお互いにサイドアウトが続いた。日本は途中、深津旭弘と宮浦を2枚替えで投入すると、その宮浦が確実にスパイクを決めて一歩先行。21-20からはさらに髙橋(藍)の強打や相手ミス、石川主将のバックアタックで連続得点してセット連取に成功した。

 

 そのまま深津と宮浦が残って迎えた第4セットは、深津のレシーブや宮浦の連続サービスエースなどで11-8とリード。宮浦はスパイクも次々と決めたが、フランスもサーブとブロックで粘り19-19と追いつかれる。しかし、終盤には再び宮浦が爆発。ベンチのチャレンジも成功し、最後は相手ミスで勝利をものにした。

 

バレーボールネーションズリーグ2023男子予選ラウンド

1週名古屋大会

日本(FIVBランキング7位) 3-1 フランス(FIVBランキング5位)

25-27, 25-22, 25-21, 25-20

 

日本の第1セットスターティングメンバー

小野寺、関田、石川、髙橋(健)、西田、髙橋(藍)、リベロ山本 

 

■日本のトップスコアラー(上位3人)

髙橋(藍) 17得点(アタック14得点、ブロック1得点、サーブ2得点)

石川 16得点(アタック14得点、ブロック1得点、サーブ1得点)

宮浦 13得点(アタック10得点、ブロック1得点、サーブ2得点)

 

■日本の次戦(予選ラウンド第5戦)

6月20日(火)現地時間13:00(日本時間20:00

対戦相手:カナダ(FIVBランキング16位)

 

■次戦のテレビ放送予定

BS-TBS 620日(火)19:30

 

今大会は、出場16ヵ国が1週ごとに8チームずつ2組に分かれて各週4試合(計12試合)の予選ラウンドを戦い、上位8チームがトーナメント形式のファイナルラウンドに進出する。日本は次戦、フランスでの第2週、620日にFIVBランキング16位のカナダと対戦する。

 

世界ランキングは試合前時点

 

 

 【関連記事】

ブルガリアを下した男子日本代表 VNL名古屋大会は開幕3連勝

 

男子日本代表 VNL2戦目はセルビアに逆転勝利

 

男子日本代表 体調不良の高梨健太に代わり大塚達宣を登録【ネーションズリーグ2023】

 

【男子日本代表特設サイトに行く】

 

【次ページ】日本代表のその他の写真

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn