gv-logo

日本代表応援サイト

男子日本代表はフィンランドにフルセットで苦戦も白星スタート

  • 日本代表
  • 2023.09.30

【Photo : FIVB】

 

 バレーボールのFIVB パリ五輪予選/ワールドカップバレー2023が開幕。男子日本代表は、9月30日(土)に国立代々木競技場第一体育館(東京都)で初戦を迎え、フィンランド(FIVBランキング29位)と対戦し3-2で勝利した。

 

【画像】男子日本代表その他の写真

 

 第1セット、石川祐希主将のスパイクで先制すると、山内晶大、小野寺太志のサービスエースなどでリードを奪う。中盤に連続失点でフィンランドに追い上げられたが、髙橋藍のブロックポイント、石川主将の連続サービスエースなどで突き放しセットを先取した。

 第2セットも序盤から連続ブレイクで先行すると、中盤に髙橋(藍)のフェイクセットから西田有志がスパイクを決めさらにリードを広げる。終盤にも西田が連続サービスエースを決めるなど、フィンランドの反撃を許さずに連取した。

 第3セットは競り合う展開。途中、会場トラブルで中断をはさむと、再開後はフィンランドに先にセットポイントを奪われる。そこから逆転し、髙橋(藍)のサービスエースでセットポイントを奪い返すも、再逆転を許しセットを奪われた。

 第4セットは中盤に宮浦健人がブロックに捕まるなど連続失点でリードを許すと、そのあともサービスエースなどで点差を広げられて連取を許した。

 迎えた最終セットは序盤に小野寺、中盤に髙橋(藍)がサービスエースを決め先行するが、6連続失点で逆転を許す。それでも髙橋(藍)がバックアタックで流れを断ち切ると、連続ブレイクで逆転に成功し、開幕戦を勝利で飾った。

 

■FIVB パリ五輪予選/ワールドカップバレー2023

第1戦

日本 3-2 フィンランド

(25-17,25-15,25-27,19-25,15-12)

 

■日本の第1セットスターティングメンバー

髙橋(藍)、山内、関田、石川、山内、西田、リベロ山本

 

■日本のトップスコアラー(上位3人)

髙橋(藍) 23得点(アタック19得点、ブロック2得点、サーブ2得点)

西田 16得点(アタック10得点、ブロック1得点、サーブ5得点)

石川 13得点(アタック9得点、ブロック1得点、サーブ3得点)

 

■日本の次戦(第2戦)

10月1日(日)19:25

対戦相手:エジプト(FIVB世界ランキング19位/日本は5位)

※FIVBランキングは試合前時点

 

■次戦のテレビ放送

フジテレビ 10月1日(日)19:00~

CS-フジテレビONE 10月1日(日)24:00~

 

 FIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023は、パリオリンピックの出場権を懸けて24チームが世界3都市に分かれて同時開催される大会。8チームで1回総当たり戦を行い、各組上位2チームが出場権を獲得する。男子日本代表は、9月30日(土)〜10月7日(日)に国立代々木競技場第一体育館(東京都)で開催されるBグループに出場し、パリオリンピック出場権獲得に挑む。

 

11月号は、熱戦を繰り広げる

FIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023

男女大会の模様をたっぷりお届け

男女日本代表両面ポスターの付録も

ご購入はこちら

 

 

【関連記事】

■男子日本代表が前日公開練習 「一戦一戦しっかり勝つ」と髙橋藍は意気込み

■パリオリンピック出場権を懸けた戦いに挑む石川祐希ら男子日本代表14名が決定

■オリンピック出場権獲得へ 男子日本代表が最終調整 石川祐希キャプテン「個人だけでなくチームとして自信がついている」

■時速130キロ超! 男子日本代表 大塚達宣と富田将馬が体感した世界最速サーバーの弾道「あれが捕れたら…」

【男子日本代表特設サイト】

 

【次ページ】男子日本代表その他の写真

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn