gv-logo

春高2024

石川真佑がチーム最多23得点 攻守で健闘もチームは悔しい逆転負け

  • 海外ニュース
  • 2023.10.16

 イタリア・セリエA女子の2023/24シーズンは、現地10月15日にレギュラーシーズン第2節が行われ、石川真佑が所属するフィレンツェはピネロロと対戦。2-3(26-24,26-24,18-25,16-25,13-15)で敗れた。

サーブレシーブでも貢献する石川(奥④/Photo: Lega Pallavolo Serie A Femminile

 

 ホームで第2節を迎えたフィレンツェは第1セットで計3本のブロックポイント、第2セットで計5本のサービスエースをあげてセットを連取する。だが、いずれのセットもジュースとなっており、第3セット以降はピネロロのブロックを前に決定機を奪えず。各セット序盤で先行されると、そのまま追いつけない展開が続き逆転負けを喫した。

 

 開幕2連敗のフィレンツェだが、石川は初戦に続いて先発フル出場。チーム最多23得点をマークしたほか、サーブレシーブでもチーム最多受数(39本)ながら返球率は62%と健闘した。

=石川真佑/個人スタッツ=

得点:23(アタック:20、サーブ:2、ブロック:1)

アタック決定率:49%(41本中)

サーブレシーブ返球率:62%(39本中)

フィレンツェ戦績

【レギュラーシーズン】

第1節(10/8) vs.スカンディッチ ●0-3

第2節(10/15) vs.ピネロロ ●2-3

 

 

【関連記事】

■石川真佑がイタリアへ。「引き出しを増やしていきたい」と強い決意の一方で出国に寂しさも

■東レを退団した石川真佑がイタリア・フィレンツェに加入「強い覚悟を持ってプレーしたい」

■東レ 石川真佑がVリーグのシーズン日本人最多得点を更新

 

【次ページ】試合結果を伝えるチームのSNS

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn