gv-logo

日本代表応援サイト

畑野久雄監督(鎮西高)が見た宮浦健人の成長「使ってほしいのであればそれだけのことをやれる選手」

  • 日本代表
  • 2023.10.17

FIVBパリ五輪予選/ワールドカップバレー2023 男子大会でパリオリンピック出場を決めた男子日本代表の活躍は、多くの人々に届いている。鎮西高(熊本)の畑野久雄監督は、高校時代に指導した宮浦健人の当時から変わらぬ点、そして成長した点を語った

 

かごしま国体で、熊本県の試合を見守る畑野監督

 

 

鎮西高のモットー「当たり前のことを当たり前に」を体現

 

 鎮西高単独チームの熊本県が、国体の初戦を控えた108日の夜。同校のOBである宮浦健人は、日本代表のユニフォームを着て戦っていた。今大会初スタメンとなったアメリカ戦で、両チーム最多の27得点。サービスエースは4本決めた。試合を見ていたという畑野久雄監督は、教え子の成長に目を細めた。

「パワーがつきましたね。(鎮西高 OBである宮浦の)親父がよく跳んでいましたから、いずれ跳ぶようになるだろうと思っていましたが、ほんとうに跳ぶようになりました。ブロックもよくなりましたね」

 

 得点シーンはもちろん、畑野監督の目に留まったのはその質の高いプレー。「鎮西の選手はミスをしないのが特徴ですから。それをちゃんと守ってくれたと思います」。同高のモットーは「当たり前のことを当たり前に」。卒業後も変わらず体現する姿を喜んだ。

 

 宮浦が日本代表でブレイクしたのが、銅メダルを獲得した今年のネーションズリーグ。イタリアとの3位決定戦では 7本のサービスエースを決めるなど大活躍を見せた。

 パリ五輪予選ではワンポイントブロッカーなど要所での起用となったが、ベンチでは常に準備を欠かさず。その姿勢が実ったのが第 5戦のセルビア戦。第 3セット18-19でセッター関田誠大に代わって前衛に入ると、仲間たちが懸命につないだボールを決めた。この得点で一気にチームのムードを上げ、ストレート勝ちに貢献した。

「自分が使ってほしいのであれば、それだけのことをやれる選手。だから、パッと出ても活躍できるんじゃないかと思います。いちばん難しいポジションだけど、途中で出てよう決められるなと思いました。監督がそれを期待しているんじゃないですか?」

 

 今季はフランスリーグのパリ・バレーでプレー。 2024年のパリオリンピックに向けてパワーアップを目指す宮浦へ「頑張れしかないですよ」とほほ笑みながらエール。終始優しい表情で、教え子の活躍を喜んでいた。

 

昨シーズンに続いて海外リーグに身を置き、さらなる成長を目指す宮浦

 

 

✳    ✳    ✳    ✳    ✳

 

前回大会王者として臨むも熊本県は国体で2回戦敗退

 

 熊本県単独チームとして国体に出場した鎮西高は、2回戦で松本国際高単独チームの長野県にストレート負けを喫した。

 インターハイに続き、国体でも1年生を主力として起用。エース井坂太郎キャプテンに加え、ルーキーたちも活躍したが、連覇を逃した。

 今大会は監督としてではなく、スタッフとしてチームに帯同した畑野監督は「3年生以上に頑張っていますよ」と1年生をたたえる一方で、「(春高)予選が心配なんです。(予選までの)あと1ヵ月でもうひと伸びせんとですね」とチームの底上げを課題に挙げた。

 

文/田中風太(編集部)

写真/石塚康隆(NBP)、田中風太

 

 

【関連記事】

■男子日本代表はアメリカにフルセットの末に敗れ2位で大会を終了

■男子日本代表はセルビアに快勝でパリ五輪出場権獲得圏内の2位に浮上

■男子日本代表 世界選手権王者イタリアを破りVNL初の銅メダルを獲得

■宮浦が途中出場ながら15得点 中国とフルセットの激戦を制して9連勝でファイナルラウンド進出を決定 男子日本代表

【燃ゆる感動かごしま国体】少年男女最終日結果 下北沢成徳高がIHとの2冠を達成

 

【次ページ】宮浦健人(男子日本代表)その他の写真

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn