gv-logo

春高2024

専修大2年の甲斐優斗がフランスリーグへ挑戦 「海外経験は大きなものになる」

  • 日本代表
  • 2024.01.17

 2022年度からバレーボールの男子日本代表に登録されている専修大2年の甲斐優斗が、フランスのパリ・バレーでリーグを戦うため、1220日に日本を発った。

 

 

甲斐優斗(かい・まさと)/身長200cm/最高到達点353cm/日南振徳高(宮崎)→専修大2年/アウトサイドヒッター

 

いきなりの海外挑戦に「楽しみな部分も増えてきています」

 

 2023年度男子日本代表の活動を終えて、専修大に戻ると秋季リーグの後半4戦と全日本インカレを戦い、シーズンを終えた。かと思いきや、ここからはフランスリーグへと挑戦する。

 始まりは、男子日本代表活動が終わったタイミングで、「大学シーズンが終わったら、国内でもいいから(外のチームに)出てほしい」とフィリップ・ブラン監督から言われたことだった。初めは国内リーグも考えたが、パリオリンピックを見据えた海外挑戦も打診され、公益財団法人日本バレーボール協会の管轄のもと、急ピッチで話が進み出国の日を迎えた。本人は寸前まで悩んでいたが、話が進むにつれて「やってみようという気持ちになりました」とのこと。

 

 海外を舞台に戦えば、日本では味わうことがない高さやパワー、スピードを常日ごろから体験することになる。

「海外挑戦はイヤだな、と思っていたけれど、国内では経験できない高いブロックと戦えるのはバレーボールをしていて楽しいところなので、ちょっと楽しみな部分も増えてきています」

 とはいえ、突然の展開に実際はまだ「不安の方が大きくて、(不安:楽しみは)73くらいです」と苦笑する。

 

宮浦からは「何とかなる」という言葉とともに…?

 

 所属することになるパリ・バレーには同じ日本代表の宮浦健人も在籍。宮浦からは「何とかなる」とアドバイスをもらい、「不安なことも多いので、必要なものなどについて教えてもらいました」とのこと。その“必要なもの”とは?

「宮浦選手から持ってきた方がいいと言われたそうで、荷物に炊飯器を入れていましたよ」と専修大の吉岡達仁監督が明かす。異国の地での心強い味方だ。

 

 

専修大の吉岡監督、兄の甲斐孝太郎も見送りに

 

 

 男子日本代表はすでにパリオリンピックの出場権を獲得しており、2024年のネーションズリーグで活躍し、パリオリンピックのメンバーに残るためにも、フランスでの経験は必要不可欠なものになるだろう。

 「パリの舞台に立つためにも、この先バレーボールを続けるなかで、いろいろな経験を積んでおきたい。自分が成長する上で、海外経験は大きなものになると思います」

 甲斐らしいマイペースさは残しつつ、そう意気込んで日本をあとにした。

 

 

【関連記事】

■【フォトギャラリー】OQT前最後の実戦でカナダに逆転勝ち 甲斐優斗の20歳の誕生日を祝う 2023男子バレーボール国際強化試合対カナダ

■甲斐優斗“誕生日サービスエース”に「すごくうれしい」 男子日本代表がカナダと親善試合を実施 パリオリンピック予選へ最終調整  

■VNLを前に男子日本代表が練習を公開 19歳の甲斐を周囲がサポート

■龍神NIPPONが今季初陣で中国にストレート勝ち 甲斐優斗が日本代表デビュー【2023男子日本代表国際親善試合】

■身長2mの甲斐優斗 アウトサイドヒッターとして初の海外遠征へ「アウトサイドはすごく楽しい」【男子日本代表若手有望選手合宿】

 

【次ページ】出国時や全日本インカレなど甲斐優斗(専修大)その他の写真

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn