gv-logo

春高2024

JOC杯で兵庫女子の神野華凜と福井女子の江間心美が交わした友情 チームの垣根を越えて

  • 学生バレー
  • 2024.01.19

 バレーボールの「JOCジュニアオリンピックカップ第37回全国都道府県対抗中学大会」(以下、JOC杯)が昨年末に大阪で開催され、中学生たちによる各都道府県の選抜チームが一堂に介し、熱い戦いを繰り広げた。その試合後には心温まるシーンも。予選グループ戦で戦った女子の兵庫県選抜と福井県選抜の2人には、こんな一幕があった。

 

 

兵庫県選抜女子の神野華凜(かみの・かりん/広畑中〔兵庫〕3年/身長164㎝/最高到達点272㎝/主にはオポジット)

 

【ギャラリー】2人の友情が交錯したJOC杯 福井県選抜vs.兵庫県選抜

 

崖っぷちの場面でサービスエースを奪った兵庫県選抜の神野華凜

 

 昨年1226日、エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館/大阪)の地下、第2競技場。第37JOC杯の女子予選グループ戦は、兵庫県選抜と福井県選抜の試合が行われていた。

 

 試合は福井県選抜が第1セットを獲得し、第2セットも先にマッチポイントに到達。もうあとがない状況でサイドアウトを奪った兵庫県選抜は、神野華凜がサーブを打つためにエンドライン前に立った。

 スコアは17-24。もう一本もミスが許されない状況で、神野は腕をしっかりと振り抜いてサーブを打ちこむ。相手レシーバーがボールを弾き、サービスエースとなった。

 「以前の自分だったら、『ミスしないように』と軽く打っていたはず。でも、それでは絶対に後悔するし、試合にも負けてしまうので。最後くらい、しっかりと自分で打ち抜こう、と思いました」

 

 その一撃から兵庫県選抜は続けざまに二度のブレイクに成功する。そのなかには、後衛で神野が「緊張しましたが、絶対に落とさないぞ、という思いでした」と相手スパイクを正面で拾い上げるハッスルプレーも。結果的にストレート負けで終わったものの、「仲間と少しでも長くできたのがうれしかったです」と神野の意地が光った。

 

 

ほんのわずか手前にボールが落ちて、ゲームセットを迎えた

 

試合後、神野を優しく抱きしめた福井県選抜の江間心美

 

 だが、兵庫県選抜は2敗目を喫し、これで予選グループ戦敗退。「すごくいいメンバーと過ごせたので…」と、試合を終えた直後の神野のほほに涙がつたう。そのとき、相手チームの選手がそっと近づいた。赤いユニフォームが神野を包み込む。「(神野)華凜の分まで勝ってくるよ」とささやく、その人物は福井県選抜の江間心美だった。

 

 聞くに、2人が出会ったのはそれぞれの選抜活動が始まってから。JOC杯に向けた練習試合や合宿で一緒になることが多く、10月頃に初めて会話し、そこから仲が深まった。

「ふだんはほんとうに明るくて。でもバレーボールになると、まっすぐです」とは江間が抱いた神野の印象だ。組み合わせが決まってから直接会う機会はなく、大会本番で再会。「この舞台で戦うんだ」と江間は対戦に胸を躍らせ、窮地に立たされながらも気を吐く神野の姿に「かっこいいな」と感心した。

 

福井県選抜女子の江間心美(えま・ここみ/福井工大附福井中〔福井〕3年/身長170㎝/最高到達点282㎝/アウトサイドヒッター、ミドルブロッカー)

 

 

【次ページ】「バレーボールが好き」という純粋な思いが交流を生んだ

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn