gv-logo

春高2024

【全日本インカレ女子優勝記念】筑波大2年生インタビュー「下手くそなイメージを払拭したい」本田 凜 

  • 大学生
  • 2024.01.22

アンダーエイジカテゴリーで世界大会も経験したミドルブロッカー。日本一を振り返るとともに、新チームでは副キャプテンも務める本田がなりたいミドルブロッカー像とは

本田 凜/ほんだ・りん/筑波大2年/身長177㎝/最高到達点301㎝/郡山女大附高(福島)出身/ミドルブロッカー

 

――優勝おめでとうございます。率直に振り返っていかがですか?

本田 昨年度もレギュラーで出ていて、ベスト16という悔しい思いを経験しました。今年度はその厳しさをわかった上で、不安なところもありましたが、優勝できて安心しました。リベンジができたということもあって、すごく気持ちのいい感じで終われました。

 

――緊張はしましたか?

本田 一戦一戦負けたら終わりで、前日の夜くらいから緊張していました。ですが、試合に入る前には気持ちを整えて、緊張がないようにして、自分のことができるようにつくっていました。

 1年生のときは何もわからない中でやっていました。プレーに集中はしつつ、他にもやることがあったので、自分のプレーだけにフォーカスする時間も限られていて、慣れることに手一杯でした。2年目になって慣れ始めて、自分に何が必要か明確にわかってきたので、苦手なところを4年生から学んだり、いろいろ聞いて成長できました。

 

――新チームでは副キャプテンに就任したそうですね

本田 家にいたときに中村(悠)キャプテンと、門田(湖都)さんの2人から伝えられて、驚きました。3年生になる準備はしていたんですけど、役職に就く準備はしていなかったので…。一緒に交ざってやっているような感じですが、不安な気持ちが大きいです。わからないことだらけですが、3年生として上の2人を支えながら、下級生にも言いにくいことがあったら言ってもらえるような立場の副キャプテンでいたいと考えています。

 

――対角に入っていた大山遼さんも卒業されます

本田 今は自分がミドルブロッカーの中で一番経験があって、学年も上で、プレー面でも引っ張れるような立場にならなくてはいけません。遼さんのプレーを見たり、何を言っていたかを思い出しながら、次に対角になる人に伝えられるように、練習の意図などを意識しています。不安はもちろんありますが、新しいことをやりたいとも思っているので、楽しみは持っています。

 

――来年度は上級生になります。意気込みをお願いします

本田 日本一にはなりましたが、四冠はできなかったので、勝ち続けるチームを目指したいです。また大山さんの背中を見てきて、ミドルブロッカーが得点源の筑波バレーを引き継ぎたいので、速攻はもちろんハイセットの攻撃にも力を入れます。身長も全体的に落ちてしまうので、ブロックの要になりたいです。

 

――目指すプレーヤー像はありますか?

本田 授業で新しいバレーボールのルールをつくるという議題があり、「ミドルブロッカーがサーブを打ったあとそのままリベロと交代する」というものを提案されました。ミドルブロッカーはレシーブが下手なイメージがあると思います。ですがミドルがレシーブに入らないのは、攻撃の要という理由もあります。言われて悔しかったので、そのイメージを払拭したい。まだまだ下手ですが、ミドルブロッカーの役割を理解してもらえるプレーヤーになりたいです。

 

取材/白土 恵(編集部)

写真/中川和泉(NBP)、編集部

 

【全日本インカレ女子優勝記念特集】

■筑波大1年生対談「“4年生のために”日本一を飾ることができてうれしい」 阿部明音×熊谷仁依奈×瀧澤凜乃

筑波大2年生インタビュー「下手くそなイメージを払拭したい」本田 凜

■筑波大3年生対談「自分たちなりの強いチームを」 門田湖都×中村 悠(1月24日更新)

 

大山遼×佐藤淑乃による4年生対談と、中西康己監督のインタビューは月刊バレーボール2月号(発売中)をチェック

 

【次ページ】本田 凜(筑波大)その他の写真

  • mcdavid_sekita
  • ザムスト×インターハイ2023インタビュー
  • 北海道インターハイ2023
  • NOBIRUNO
  • 男子日本代表応援サイト
  • 女子日本代表応援サイト
  • DESCENTE-2in1
  • ZAMST-ZK
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn