gv-logo

春高2024

早稲田大1年の麻野堅斗がイタリア・セリエAのミラノへ

  • 日本代表
  • 2024.02.27

帰国して迎える新シーズンでは大学2年生となる麻野【写真:月刊バレーボール】

 

207cmのサウスポーに訪れたビッグチャンス

 

 早稲田大1年で昨年末は全日本インカレ制覇に貢献したサウスポーの長身ミドルブロッカー、男子日本代表の麻野堅斗が220日にイタリアへと旅立った。目的地はバレーボールファンならおなじみ、石川祐希が大きな存在感を放つセリエAのミラノである。

 

 

さらにスケールの大きなプレーヤーへ。期待を背負って【写真:月刊バレーボール】

 

オリンピックイヤーのネーションズリーグでアピールを

 

 宮浦健人が活躍するフランスのパリへ昨年末に渡り、リーグ戦への出場も果たしている甲斐優斗(専修大2年)と同様、麻野の挑戦は公益財団法人日本バレーボール協会管轄のもとで実現した。19歳、一人での初海外。出発前の心境を聞くと、麻野は「不安もありますし、でもワクワクもあるので、わからなくなっていますね」と笑った。

「祐希さんがいるので、少しは安心した気持ちもあります」とは言うが、石川本人と連絡をとったわけではないらしく「祐希さんに頼ってしまうのはよくないので、なるべく自分一人になってもなんとかしないとな、という気持ちはあります」と話す。チーム単位での活動だった従来の海外遠征とは異なる今回、プレー以外の面でも幅広く鍛えられるに違いない。

 

 これまでは映像で見ていたセリエAの世界。海外生活は苦手、とはにかむが、「いろいろな国の代表など有名な選手が集まっている、高いレベルの中で練習に出られるだけでもいい経験になるので、今回行けることにうれしさを感じています」と、アスリートらしい喜びも語っていた。イタリアのシーズンはこれから重要な局面を迎えることもあり、練習生としての扱いだが、直近の目標であるネーションズリーグでアピールを果たすため、そして将来を見据えた上でも、貴重なステップアップの機会となることだろう。

 

【関連記事】

【全日本インカレ男子優勝記念】早稲田大1年生インタビュー「経験を還元して早稲田大のバレーボールをいいものに」麻野堅斗

■全日本インカレ男子 早稲田大が2年ぶり10度目の優勝で今年度四冠を達成

■麻野堅斗が早稲田大に入学 2年連続日本代表入りを心待ち「またレベルの高い環境でバレーがしたい」

■専修大2年の甲斐優斗がフランスリーグへ挑戦 「海外経験は大きなものになる」

■ミラノ石川祐希、モンツァ髙橋藍の試合をフジテレビCS放送で生中継

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn