gv-logo

春高2024

WD名古屋 上林直澄の入団を発表

  • V1
  • 2024.03.08

 バレーボールのVリーグ、V1男子のウルフドッグス名古屋は、上林直澄が入団することを3月8日(金)に発表した。

 

 上林は、東亜学園高で春高準優勝の経験がある、ハンドリングスキルが高い25歳のセッター。大学卒業後は第一線から離れて地元山形のクラブチームで活躍していたが、昨年の10月に鹿児島で行われた特別国体に山形選抜(成年男子)のキャプテンとして出場し、チームをけん引した。また同年12月には甲斐優斗(専修大)や尾藤大輝(東山高)らとともに男子日本代表若手有望選手合宿に参加し、男子日本代表のフィリップ・ブラン監督から指導を受けていた。

 V・レギュラーラウンドで3位(3月3日終了時点)のWD名古屋がセッターポジションの戦力充実を図るため、今回の入団に至った。

  

 入団選手の詳細は下記の通り。

 

上林直澄/男子日本代表若手有望選手合宿【写真:月刊バレーボール】

 

 

■上林直澄(かんばやし・なおずみ)

セッター/身長183cm/1998年10月14日生まれ/東亜学園高→明治大→WellOne株式会社

▼コメント

素晴らしいチームでバレーボールができることを光栄に思います。たくさんの方への感謝の気持ちを忘れず、チームの勝利に貢献できるよう頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

 

 

■上林直澄「やっぱりバレーが好き」 山形県選抜での国体がきっかけで男子日本代表若手有望選手合宿へ

■日本代表入りへ弾み 男子日本代表若手有望選手合宿を実施  

■WD名古屋 椿山竜介の現役引退を発表

■東京GB後藤陸翔が近畿大で着けた背番号「11」の秘話。WD名古屋のあの先輩に「もらったんですよ。ください、って」

 

【次ページ】上林直澄(合宿時や学生時代など)その他の写真

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn