gv-logo

日本代表応援サイト

姫路 貞包里穂、小林エンジェリーナ優姫の引退と古市梨乃ら4名の退団を発表

  • V2・V3
  • 2024.04.08

 バレーボール国内リーグ、VリーグV2女子のヴィクトリーナ姫路は、貞包里穂、小林エンジェリーナ優姫の引退と古市梨乃、坊野明里、金田莉実、山田絢音の退団を44日(木)に発表した。

 

 貞包は東海大から2019年に入団したアウトサイドヒッター。攻守にわたり活躍するとともに、2020-21シーズンからの2シーズンはキャプテンを務め、6シーズンで110試合に出場しチームを支えた。

 

 小林は2023年に入団したミドルブロッカー。2023年度女子日本代表に選出され、その後、姫路に入団。196cmの長身を生かした高さのあるブロックを武器にプレーし11試合に出場した。

 

 古市は2022年に順天堂大から入団。パワフルなスパイクを武器にしたアウトサイドヒッターとしてプレーし、3シーズンで94試合に出場した。

 

 坊野は姫路の育成チームとしての役割を担った実業団チーム、マックスバリュ・ヴィクトリーナ(現ヴィアーレ兵庫)から姫路に昇格し、チーム最年少ながらセッターとして3シーズンで61試合に出場した。

 

 金田は東海大から2019年に入団すると、サーブや高さを生かした攻撃が武器のアウトサイドヒッターとしてプレーし、60試合に出場した。

 

 山田は高さが武器のセッターとして都留文科大から2022年に入団し、2試合に出場した。

 

 各選手のプロフィールとコメントは下記の通り。

 

 

■貞包里穂(さだかね・りほ)

アウトサイドヒッター/身長171cm1996413日生まれ/佐賀県出身/鹿島実高→東海大

 

▼コメント

 このたび、今シーズンをもってヴィクトリーナ姫路を退団し、現役を引退することを決断いたしました。

 素敵な先輩方やスタッフの方々に支えられて始まった内定時代から5年間、たくさんの出会いと別れ、うれしかったことや悔しかったこと、普通ではできない経験を積むことができました。どんなときも私たちを支え、一緒に戦ってくださったスポンサー、後援会の皆さまやファンの皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。そして、けがから復帰するにあたり、全力で私と向き合ってくれたチームメイトやトレーナーなどのチームスタッフ、ファンの皆さまの力で前を向くことができました。

 また、私のバレーボール人生はたくさんの方々の支えがなければ、ここまでたどりつくことはできていません。これまで私に関わってくださったすべての方々、ずっと味方でいてくれた両親に感謝しています。本当にありがとうございました。

 

写真中央が小林エンジェリーナ優姫

■小林エンジェリーナ優姫(こばやし・えんじぇりーなゆき)

ミドルブロッカー/身長196cm19991210日生まれ/アメリカ出身/West Chicago Community高→ウィスコンシン大 グリーンベイ校大学院

 

▼コメント

 ファンの皆さんの声援を初めて聞いたとき、本当に感動しました。プロとしての初めての経験をヴィクトリーナ姫路でできたこと、とても幸せです。また、優勝メンバーになれたことは、一生忘れることのない思い出です。ヴィクトリーナ姫路のみんなは慣れない私をすぐ仲間に迎え入れてくれて、毎日楽しく練習をすることができました。ヴィクトリーナ姫路の選手・スタッフの皆さん、ありがとうございました。また、バレーボールをしているときだけでなく、プライベートでお出かけをした時間もとても楽しかったです。
 日本でバレーボールをすることは、2年前の私には想像もできなかったことです。幼いころから日本語を教えてくれた母、プロバスケットボール選手として長年日本でプレーをしていた父に、バレーボール選手としての私の姿を見せることができて、とてもうれしく思います。支えてくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn