gv-logo

日本代表応援サイト

川崎橘高は県勢の意地を見せられるか 共栄学園高はリベンジへ【第78回関東高等学校女子大会 ピックアップチーム】

  • 学生バレー
  • 2024.06.01

 令和6年度(第78回)関東高等学校女子バレーボール大会は61日(土)に大会1日目を迎え、トーナメント13回戦までが小田原アリーナ、トッケイセキュリティ平塚総合体育館(いずれも神奈川県)で行われた。

 

 大会連覇中の下北沢成徳高(東京)、前回大会準優勝の共栄学園高(東京)のほか、開催地からは川崎橘高(神奈川)などがベスト8入り。ここでは編集部がピックアップしたチームの勝ち上がりの模様をお届けする。

 

 

熊田暖南(川崎橘高)【写真:月刊バレーボール】

 

川崎橘高

東京勢に連勝し

県勢唯一の8強入り

 

 川崎橘高(神奈川)は地元で唯一ベスト8に残った。

 

 シードで登場し、2回戦は藤村女高(東京)にストレート勝ち。続く小石川淑徳高(東京)戦の第1セットは、終盤にリードを許したが、4連続得点で逆転し、25-23でものにした。第2セットは熊田暖南や石原杏のスパイクが光り、ストレート勝ちを収めた。「サーブをきちんと打つことを徹底した」と松村展弘監督。ブレイクポイントを重ねて、試合を優位に運んだ。

 

 準々決勝は東京都ベスト4の駿台学園高と対戦する。「相手がやりたいバレーをやらせないように戦いたい」(松村監督)。県勢の意地を見せて、関東の頂点へ駆け上がる。

 

 

共栄学園高

課題を克服し

ライバルにリベンジへ

 

 課題を得ながらも、東京都予選2位の共栄学園高が8強入りを果たした。

 

 5月上旬には「2024ビーチバレーボールU19アジア選手権大会」で5位に入った宇都木乃愛、森愛唯が不在。そして、大会2日前までは秋本美空がU20日本代表候補合宿に参加し、チームを離れていた。

 

 メンバーがそろわないこともあった中で迎えた水城高(茨城)との初戦(2回戦)。ストレート勝ちしたものの、第1セットは25-23と苦しんだ。中村文哉監督は「1試合目はとても難しいですが、ミスが多いので。それをこの大会でどれだけ調整できるか」と選手たちに求めた。

 

 今年に入って決勝で4度対戦し、22敗の下北沢成徳高(東京)が今大会もライバルに。「ガンガンサーブで攻めた2回が勝って、無難にいった2回が負けました」(中村監督)。インターハイ予選前に、自分たちの課題にチャレンジする。

 

秋本美空(共栄学園高)【写真:月刊バレーボール】

 

大会1日目の結果、2日目の組み合わせはこちら

 

■連覇がかかる駿台学園や地元日本航空らが準々決勝へ【第78回関東高等学校男子大会結果一覧】

■インターハイ2024 高知を皮切りに続々と出場校が決定【5/20~5/28・出場校一覧】

■共栄学園高の「のあめい」ペア 5位に入った「ビーチバレーボールU19アジア選手権」後初めてインドアのコートへ【関東大会東京都予選】

【前回大会】下北沢成徳高が3連覇 都大会に続き関東でも圧倒【第77回関東高等学校女子大会結果一覧】

  • 男子日本代表応援サイト2024
  • 女子日本代表応援サイト2024
  • 北海道インターハイ2023
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn