gv-logo

  • 春高SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

日本代表につながる刺激的な日々 下北沢成徳高がインターハイを振り返る【月バレ2021年10月号】

  • 2022.01.01

 まもなく2022年を迎え、1月5日(水)には高校最後の全国大会、第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)が開幕する。女子は就実高(岡山)、金蘭会高(大阪)、八王子実践高(東京)などの強豪校と共に優勝候補の一角にあげられるのは下北沢成徳高(東京)だ。今夏のインターハイで優勝し、都代表決定戦3位で3年ぶりの春高出場を決めた。大会を前に、月刊バレーボール2021年10月号に掲載されたインターハイ後に行われた古川愛梨、谷島里咲、内澤明未へのインタビューを再掲載する。

 

――――――

 

2年ぶりの全国大会となったインターハイで、優勝に輝いた下北沢成徳。東京2020オリンピックでも活躍した先輩たちの背中を追い、将来の日本代表入りを目指す古川愛梨、谷島里咲、内澤明未にインタビュー。切磋琢磨できる環境が、選手としての幅を広げている

 

左からリベロの内澤明未、ミドルブロッカーの古川愛梨とアウトサイドヒッターの谷島里咲

 

自己評価は辛口でも互いのプレーは絶賛

 

――優勝おめでとうございます。大会を振り返っていかがですか?

 

古川 優勝できたのはすごくうれしかったですが、自分のプレーがしっかりできなかったので、全国大会で力を出せるようにもっと練習を頑張りたいです。

 

谷島 初めての全国大会で優勝できたのはすごくうれしかったですが、優勝が決まるスパイクを一回で決められなかったり、まだまだな部分もあります。天狗(てんぐ)にならないで、次の試合に向けて頑張りたいです。

 

内澤 自分にとっては初めての全国大会で、ワンタッチしてもらったボールを拾えず、コートで声を出すことくらいしかできなかったかもしれません。でも、先輩たちに助けられて、目標だった日本一を取れたのはすごくうれしかったです。また日本一になるために、気合いを入れ直して頑張りたいです。

 

――個人としては課題もあったようですが、お互いのプレーはどう見ていましたか?

 

谷島 (古川)愛梨は決勝の終盤でスパイクを決めていましたが、試合中に先輩の(濱村)ゆいさんに怒られて。そこから調子がよくなったね(笑)

 

古川 「自分のやることができていない」と言われて、「やらなきゃ」と思いました。中学のJOC杯など、これまで全国大会で力を出せていなくて。今回もあんまり出せませんでしたが、最後はいい形で終われてちょっとうれしかったです。

 

谷島 やればできるんですよ!(笑)

 

内澤 (谷島)里咲さんからは、トスを上げれば決めてくれる、というくらいの気迫を感じました。

 

谷島 ふだんは言われないからうれしいです(笑)

 

内澤 言っているんですけど、「調子に乗ってんじゃねえよ(笑)」って言われるので…(笑)

 

谷島 バカにするように言うからね(笑)

 

内澤 そんなことないです!(笑)

 

古川 里咲は日本一を取るという気持ちがめっちゃ出ていて、スパイクもブロックも力強かったです。ふだん、練習でゲームをしているときも、「負けていても絶対に追い上げよう」と全員に言っています。

 

谷島 えー、そう?(笑) あまり意識していなかったですが、自分が大事なときにトスを上げてもらっている分、そういう声を出していかないといけないと思っています。明未は点を取ったあとの喜び方がすごいよね。身長が20cmくらい違うけど、ジャンプすると同じくらいの目線になる(笑) めっちゃ跳んで喜びを表現することが、チームの雰囲気を上げることにつながっていると思います。

 

古川 いちばん喜んでいて、それだけで雰囲気が上がるよね。あとは、「それ、拾えるの?」って思うボールを上げてくれる。

 

谷島 (動きが)若々しいよね。

 

全員 (笑)

 

高いレベルを目指してチーム内で切磋琢磨

 

――将来日本代表入りを目指しているという3人ですが、下北沢成徳に来た理由は何ですか?

 

古川 もともとキツい練習が好きではなく、入学する予定はありませんでした。でも、中学1年生のときに木村沙織(元東レ)さんに誘われて、練習の雰囲気もすごくよかったので入学を決めました。将来のために今、自分の体をつくりたいと思いました。

 

谷島 お姉ちゃん(谷島花虹/青山学院大1年)が成徳に入っていて、行きたいと思っていたときに、小川(良樹監督)先生に声をかけていただきました「高校で日本一を取りましょう」と言ってくださる先生はほかの学校にたくさんいましたが、小川先生には「高校を卒業したあとのことを考えてみないか」と言われて。それを聞いて、すごいな、と思いました。

 

内澤 地元の岩手の強豪校と迷っていましたが、岩手出身の伊藤(崇博コーチ)先生が、自分を中学1年生のときに見てくれていたそうで。それまではレベルの高いところでプレーすることは考えていませんでしたが、成徳でプレーする選択肢を与えてもらいました。やるからには勝ちたいし、高校を卒業してからを考えると、自分が成長できそうなこのチャンスを逃したくないと思って決めました。

 

――成長につながっていると感じる練習はありますか?

 

古川 ランメニューで持久力がついて、ゲーム後半でもバテず、力が出せるようになりました。

 

谷島 自分も同じで、練習よりも大会で疲れないので、成果が出ていると思います。練習でランをしてからフルメニューをすることが何回もあり、一日に3試合するよりもつらかったです。

 

内澤 小川先生は2、3年生に向けて、ランのタイムでチームの仕上がりレベルがわかるとおっしゃいます。でも、私はチームに少しでも貢献するためにも、1年生だって全員で頑張って、チームの最低限の基準を上げられればいいね、と話すようにしています。

 

谷島 明未は1年生の中で先頭に立って引っ張っていくタイプで、いちばんまとめようとしてくれています。

 

内澤 自分たちの代は、先輩たちと比べて技術がなく、背も低いです。だからこそ今トレーニングなどを頑張って、3年生になったら先輩たちのように技術をつけて、自分たちの代でも勝てるようにしたい。今、試合に出させてもらっている自分がいちばん先輩たちから学べるので、それを生かして同級生に伝えないといけない、と思っています。

 

CONTENTS

  • インターハイ2021

pagetopbtn