gv-logo

定期購読
  • 春高2023-zamst広告
  • 春高2023SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

春高Vへ古川学園主力座談会 支え合ってきた3年間 タピア「18人いるし、1人ではない」

  • 2023.01.04

 

 

今季はインターハイ準優勝、国体優勝と結果を残し、1999年(※当時は古川商高)以来の優勝を目指す古川学園高(宮城)。主力の熊谷仁依奈キャプテン、阿部明音、タピア・アロンドラが悲願の頂点への思いを語った

 

 

(写真左から)熊谷、タピア、阿部

 

熊谷仁依奈

3年/身長165㎝/最高到達点280㎝/仙北中(秋田)/セッター

1年生時から正セッターを任され、3年生時に第21回アジアU20(ジュニア)女子選手権大会に出場した世代を代表する司令塔。2年生時からキャプテンを務める。

 

タピア・アロンドラ

3年/身長196㎝/最高到達点325㎝/ドミニカ共和国/ミドルブロッカー

圧倒的な高さを武器に、2年生時からレギュラー。母国ではU23ドミニカ共和国代表としてプレーする。1年生時からの勉強の成果が実り、日本語もバッチリ。

 

阿部明音

3年/身長172㎝/最高到達点298㎝/小名浜一中(福島)/アウトサイドヒッター

タピアとともにミドルブロッカーとして得点源を担ってきたが、3年生時の国体からポジション変更。攻守でチームに欠かせない存在に。副キャプテン。

 

 

すぐに切り替えた

国体の優勝

 

——国体では優勝の瞬間、阿部選手とタピア選手が何度も抱き合っていたのが印象的でした

阿部 気が付いたらアロン(タピア)が目の前にいました。エース2人でずっと「日本一になろう」と話してきて、その集大成が出たので。言葉が出ず、ほんとうにうれしかったです。

 

タピア ラスト1点のときに、みんなが「アロン、ここでブロック1本!」ってめっちゃ声をかけてくれて。それで手を前に出したら、(ボールに)当たりました。頭の中が「え、日本一?」ってなっていたので、(阿部)明音のところに行って、「え、日本一になったの?」って言いました。

 明音は泣きすぎ(笑) ずっとこう(顔を覆う仕草)していたもん。 顔が見たくて「ほんとうに日本一?」って言って腕を引っ張ったときに、2人で崩れ落ちました(笑)

 

阿部 多分言葉を返せなかったと思います。泣いていたので、返せないまま2人で「え⁉︎ え⁉」って(笑)

 

熊谷 主将のサインを書いていて見ていなかったのですが、ビデオを見たら、試合後も2人が結構な勢いで倒れこんでいました。「あ、こんなことやっていたんだ」って(笑) そこに混ざりかったですが、春高でやるために取っていたんだとだ思います。次は6人でします!

 

 

#1阿部を抱きしめ、崩れ落ちるタピア

 

——改めて国体での日本一という結果はいかがですか?

阿部 春高では2年前が3位、1年前が2位という結果。日本一になれるのだろうか、という思いもありましたが、今回の国体は「勝たないとおかしい」というぐらいのメンタルでプレーすることができました。それぐらい強気でいれば日本一になれるんだと実感して、すごく自信になりました。

 でも、優勝してからすぐに切り替えました。(熊谷)仁依奈と「次の春高だね」と話しましたが、その思いはチーム全体としてもあります。

 

タピア 今までは全国大会で決勝や準決勝までしかいけなくて。でもこの代は先輩からいろんなことを引き継いで、今年のインターハイは決勝で負けてからも(岡崎典生)先生からいろんな技術を教えてもらいました。

 みんなは自分が間違っていることや、できていないことも教えてくれます。一緒にしっかり練習をしてきたから、日本一につながったと思います。

 

熊谷 今回の国体でこれまでといちばん違ったのは、お互いに要求をぶつけ合ってきたことです。そうやって練習をしてきたことが日本一につながって、報われた気がしました。ほんとうに腹を割って話してきたから、国体の日本一があったと思います。

 

——お互いに要求をぶつけ合ってきたというのは、これまでとどう違うのでしょうか?

熊谷 インターハイ前までは見逃していたプレーがありました。

 国体前の練習で、AチームとBチームで試合をしていたときのことです。相手から1本で返ってきたボールに対して、レフトの(髙橋)陽果里が打ち込みませんでした。それに対して、明音が「なんで打たないの?」ってすごく指摘しました。

 

阿部 チャンスボールなのに、それを打たないのはなぜか自分にはわかりません。強気でいれば絶対に打てるボールだし、自分たちが楽に点を決めるためには必要だと思って、見逃さないようにしました。

 

熊谷 でも、国体の決勝で同じようなボールがくると、陽果里は打って決めたので。そのときに「練習でやってきたことだ」と思いました。陽果里に聞くと「明音が言ってくれた練習を思い出した」と言っていて「練習で見逃さなかったら本番につながるんだ」と感じました。自分と副キャプテンの明音だけじゃなくて、陽果里や(南舘)絢華も、みんなが同じような意識になれたと思います。

 

「ビッグベイビー」タピア

仲間たちへの思い

 

——タピア選手は日本に来て3年目。同級生(熊谷、阿部、髙橋、南舘)はどんな存在ですか?

タピア 同じ学年だけど、先輩みたいです。自分がいちばん赤ちゃんというか、ビッグベイビーだから(笑) 3年生5人のなかで、自分がいちばんやらかすことが多い!(笑) 「ダメでしょ。アロンこうでしょ」って言われます。

 でも、自分が間違っていることを無視しないで、きちっと言ってくれることがたくさんあります。仁依奈の厳しさもすごいし、明音も3年生になってからプレーのコミュニケーションがたくさん増えました。いろんなことを学んだから、どんどん成長することができたと思います。

 

熊谷 アロンには“バブみ”というか、ほんとうに赤ちゃんっぽいかわいさがあるんですよ(笑)

 

タピア バレーのときも学校のときも同じ。練習のときに「うぇーん」って言いだしたり(笑) それがアロン(笑)

 

阿部 アロンは正しいことを言ってくれるので、自分も学ぶことが多いです。自分もやらかすことが多いので、お互いにありましたね(笑)

 

タピア 1年生のときはやばかった(笑) おもしろいことが多かったね。

 

 

今季から3年生全員がスタメン入り。強い結束力でチームを引っ張ってきた

 

——高校から異国の地でプレーするタピア選手の決断を、熊谷選手と阿部選手はどうとらえていますか?

阿部 もし自分がほかの国に行ってバレーをするとしたら、ほんとうに勇気が必要です。言葉を話せないことが怖かったり、ストレスに感じることが多はずです。でも、アロンは自分で学ぶ精神がいちばん強いから、ここまでやってこられたのかなと思います。

 

熊谷 自分にとっては異国に行くということが想像できません。もしそうなったら、「行く勇気はあるかな?」と思います。

 日本にいなくて親と会えないことを考えると、自分たちはアロンに弱音を吐いている場合ではありません。いちばん大変なのはやっぱりアロンだから。時差もあって電話をしてもつながらないときもあるけど、そういうことも乗り越えて、いちばん成長したのはアロンかなと思います。

 

タピア みんなにさみしいとは言わないけど、それに気づいて、わかってくれているのがうれしい。親が日本にいなくて1人だけど、でもいつも1人だと思わない。18人いるし、いつも1人じゃない。悲しいとき、うれしいとき、いつもみんなが一緒。

 ドミニカ共和国でもなれるかもしれないけど、将来バレーボールがうまくなることを願って日本に来ました。ドミニカ共和国に帰ったら、「自分の子どもが3年間しっかりやりきったな」と思ってもらえるように頑張りたいと思います。

 

——改めて春高の目標はいかがでしょうか?

タピア しっかり金メダルを取ることです! ブロックとスパイクで、チームが苦しいときに決められるように頑張りたいです。

 

熊谷 今までコロナ禍の影響もあって、バレーをできることは当たり前じゃないと感じました。いろんな方々の支えがあってこそ、今の自分たちがあると思うので、感謝の気持ちを忘れず、絶対恩返しをするという強い思いを持っていきたいです。

 いちばんはずっと準優勝で終わっているので、最後は必ず日本一になって全員で笑えるようにしたいです。

 

阿部 春高の目標はチームが一つになること。それが日本一に直結すると思います。全員が日本一という方向にしっかり向いていないと、どれだけ1人が頑張っても難しい。レギュラーだけでなく、サポートしてくれるメンバーもみんなが日本一の仕事をしてこそ日本一になれると思います。

 国体が終わって、(岡崎)先生から「最後勝つには感謝の気持ちを持つこと」と教えてもらいました。支えてくれている人全員の顔が浮かぶぐらい堂々とプレーして、日本一を獲って帰りたいです。

 

国体に続く今季2度目のタイトルを狙う

 

取材/田中風太

写真/山岡邦彦、田中風太

 

それぞれの大会に懸ける思いは、発売中の月刊バレーボール2023年1月号をチェック‼

https://shop.nbp.ne.jp/shopdetail/000000002178/

 

【関連記事】

男子は東北、女子は古川学園が出場権獲得【春高2023宮城県予選】

 

世代No.1リベロがぶっちぎりの1位【チームのイチオシ選手が選ぶ「すごいと思う選手」(女子レシーブ&ブロック&トス編)】

 

パワフルエースが二冠に輝く【女子チームのイチオシ選手が選ぶ「すごいと思う選手」(スパイク&サーブ編)】

 

【次ページ】[いちご一会とちぎ国体]バレーボール競技(少年女子)の決勝フォトギャラリー(40枚)

CONTENTS

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn