gv-logo

定期購読
  • 春高2023-zamst広告
  • 春高2023SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

地力に勝る東九州龍谷が逆転で2回戦進出【春高2023】

  • 2023.01.04

 

 

第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)が2023年1月4日(水)に開幕した。東京体育館(渋谷区)で同日から1月8日(日)まで行われる。女子1回戦が行われた初日、東九州龍谷(大分)と東京都市大塩尻(長野)が対戦。東九州龍谷が2-1で逆転勝利を収めた。

 

 

#2飯山エミリ(東九州龍谷)

 

エースでキャプテンでもある#2飯山エミリを中心に、パワーある攻撃を展開する東九州龍谷は平均身長が高く、パワーのある攻撃が持ち味のチーム。対する東京都市大塩尻は、速い攻撃やコンビネーションなどを多用する「シンクロバレー」が売り。対照的なチームのぶつかり合いに、強豪・東九州龍谷が初戦から苦しめられることになった。

 

第1セット序盤は、東京都市大塩尻の#9北村萌恵による速い攻撃に対応しきれず、九州龍谷が2-6と大量のリードを許すことに。東九州龍谷はタイムアウトを取るなど流れを切ろうとするが東京都市大塩尻の勢いを止められない。後半、#2飯山が前衛に上がってきてからじわじわと差を縮めるも、前半に許した差を埋め切ることができず21-25と1セット目を落とすこととなった。

 

ここで動いたのが東九州龍谷を指揮する相原昇監督だ。チームで最も身長の高い#2飯山を、東京都市大塩尻の得点源でもある#9北村のブロッカーとして当たるように、ローテーションのスタート位置を前衛のレフトに変更。これによって、2セット目の序盤から1セット目と動きが変わり始めた。

 

#2飯山が序盤から前衛にいることで決定力のある布陣になっただけでなく、#9北村の機動力や攻撃力を弱めることに成功した東九州龍谷は、本来の持ち味でもあるパワーのあるバレーを取り戻した。試合は両チームのエースを中心に攻撃合戦となり、15-15までは東京都市大塩尻が先行する形でのシーソーゲームを繰り広げた。

 

そんな中、東九州龍谷の#5高橋葵がレフトから強引に押し込んでブロックアウトを取り、16-15と先行する状態に。東京都市大塩尻の今井一仁監督は流れの変化を感じたのか、すかさずタイムアウト。選手に「大丈夫、信じろ!」と激を飛ばしたが、自信を取り戻した東九州龍谷の勢いを抑えることはできなかった。東九州龍谷は#2飯山を中心にポイントを重ね、25-18と2セット目を奪取。

 

こうなると、23年連続出場をしている伝統校が地力を発揮。続く3セット目も2セット目と同様の展開で東九州龍谷が奪取して2回戦へと駒を進めた。

 

【関連記事】

春高Vへ古川学園主力座談会 支え合ってきた3年間 タピア「18人いるし、1人ではない」

 

岩美高 秋重葉沙が中高一貫校を出た理由と鳥取で胸に留める学びの数々

 

男子は大分工、女子は東九州龍谷が優勝【春高2023大分県予選】

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】東九州龍谷その他の写真

CONTENTS

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn