gv-logo

定期購読
  • 春高2023-zamst広告
  • 春高2023SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

男子1回戦最注目カードの軍配は松本国際に、王者鎮西との2回戦へ【春高2023】

  • 2023.01.04

 

 

第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)が2023年1月4日(水)に開幕した。東京体育館(渋谷区)で同日から1月8日(日)まで行われる。男子1回戦が行われた初日、同大会初出場で初優勝を目指す昇陽(大阪)と、2022年インターハイでベスト4となった松本国際(長野)が対戦。好カードと注目を集めた一戦はセットカウント2-1で松本国際に軍配があがった。

 

#2德留巧大(松本国際)

 

1セット目は将来を期待される大エース#4秦健太郎を擁する昇陽のペースで試合が進む。松本国際は、ギリギリを攻めてくる昇陽のサーブに対し、レシーブ力が発揮できずに本来のリズムをつくることができない展開。結果、松本国際は得意のコンビネーションをしかけることができないまま第1セットを22-25で落とした。

 

しかし、2セット目に入ると昇陽にサーブミスなどがあり、松本国際が徐々に点差を広げる展開に。緊張による硬さが抜けたのか、昇陽はラリーの中でクイック攻撃を仕掛けて得点につなげるなど、次第に本来の持ち味を発揮するようになる。#3水口莉玖哉がチャンスボールからクイック攻撃を決めたあと、さらに2連続ポイントを奪取するなど、チームにぐっと流れを引き寄せる。

 

このまま走りたい松本国際は17-13とリードして、昇陽の#4秦が前衛に戻ったところでタイムアウト。直後#4秦に1点詰め寄られたが、すぐに松本国際キャプテンの#1近藤が外から中に切り込んでくるコンビネーションを決めて試合の流れをキープ。ここからサーバーとなり後衛に回った#1近藤に代わり、前衛に上がってきた#2德留巧大がライトからの攻撃をブロックするなどの活躍もあって7連続でポイント奪取。昇陽も#3生田宗原がセンターからのスパイクを打ち込み1点を返すも、サーブミスで失点。2セット目は松本国際が勝ち取り、勝負はファイナルセットへともつれ込んだ。

 

3セット目は、第2セットの勢いを残した松本国際が、さらにもう一段階ギアを上げてきた印象。序盤から#3水口が速い攻をしかけ、さらに昇陽エースの#4秦が打ったボールを拾って#2德留が決めるなど、要所のエース対決も制した松本国際が試合の流れを手中に収める。最後は17-25という点差で松本国際が逆転勝利し、全国二冠を目指す鎮西との2回戦へと駒を進めた。

 

【関連記事】

松本国際 2年生エース德留巧大が堂々のプレー 激戦区に入った春高へ「『注目されるじゃん』って。燃えます」【春高出場校の天皇杯②】

 

男子は松本国際、女子は東京都市大塩尻が優勝【春高2023長野県予選】

 

舛本颯真「日本一になって終わりたい」 厳しいゾーンを突破へ1ヵ月右ひざの回復に専念

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】松本国際(長野)その他の写真

CONTENTS

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn