gv-logo

定期購読
  • 春高2023-zamst広告
  • 春高2023SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

開智が聖隷クリストファーをフルセットで下して2回戦進出【春高2023】

  • 2023.01.04

 

 

 第75回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高)が2023年1月4日(水)に開幕した。東京体育館(渋谷区)で同日から1月8日(日)まで行われる。男子1回戦が行われた初日、開智(和歌山)と聖隷クリストファー(静岡)が対戦。2-1のフルセットの末、開智が勝利を収めた。

 

 開智にとって勝利のキーポイントになるのは、聖隷クリストファーのエース・#1小野駿太(昨年、アジアU18選手権代表初選出でベストアウトサイドヒッター賞)の攻撃をどれだけ封じ込められるか。大きな声を出してムードをつくり、メンバー全員の機動力を生かして緩急ある攻撃を仕掛ける開智にとって、聖隷クリストファーに試合の流れを渡さないための絶対条件だ。

 

 1セット目、開智はねらいどおり、聖隷クリストファー#1小野をブロックなどでしっかりとマーク。キャプテン#1古谷祥やU18日本代表の#2カズンズ海らを中心に得点を重ねコートを“開智ムード”にして、25-16と大差で獲得。

 

 しかし2セット目には聖隷クリストファーが反撃。序盤、#1小野が厳しいストレートコースをきっちり決めるなど決定率が上げると、対角の#6小山朔歩のほか、#4夏目幸輝、#5佐々木陸らも動きがよくなり、聖隷クリストファーが優勢に試合を進める。開智はその流れを取り戻すことができないまま、21-25と落とすことに。

 

 勝負を決する3セット目は、パワーと高さがある#3楠本圭梧や、#1古谷を中心としたスピードのあるコンビネーションで先に流れをつかむと、開智が4-5から5点連続獲得で一気に差をつけた。一方、ミスが続く聖隷クリストファーのコートには嫌な空気が流れる展開。

 

 こうなると開智の勢いが止まらない。エンジンがかった攻撃陣は、点を決めるたび声を出して反撃ムードに拍車をかける。1年生セッター#11北野泰生の冷静なトスワークも光り、開智ならではの緩急あるゲームメイクを展開。最後は、25-15の点差で初戦勝利を手にした。

 

【関連記事】

男子1回戦最注目カードの軍配は松本国際に、王者鎮西との2回戦へ【春高2023】

 

舛本颯真「日本一になって終わりたい」 厳しいゾーンを突破へ1ヵ月右ひざの回復に専念

 

男女ともに開智が優勝【春高2023和歌山県予選】

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】聖隷クリストファーの写真

CONTENTS

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn