gv-logo

定期購読
  • 春高SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

【春高】身長210cmの牧大晃が躍動! 男子1回戦で高松工芸が大分工にストレート勝ち

  • 2022.01.06

 

高さを発揮し高松工芸が2回戦進出

 

1月5日(水)、「第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)」が東京体育館(東京都渋谷区)で開幕。男子1回戦が行われ、大分工(大分)と高松工芸(香川)が対戦した。

 

【結果】春高男子トーナメント表はこちら

 

 

前回大会ベスト8の高松工芸が、エース#4牧大晃の対角に入る2年生の#3多田來生のサービスエースなどでスタートからじりじりとリード。一方、チームを6年ぶりの春高出場へと導いた大分工は、粘りのレシーブから3年生の#4甲斐優作、#2草野好貴らが攻撃していく。

 

第1セット中盤以降、スタメンの平均身長で大きく上回る高松工芸が持ち前の高さを発揮。特に#4牧が後衛にいる時はレシーブで貢献し、前衛では強打と獅子奮迅の活躍を見せる。さらに、#1乙武空良がクイックやネット際で強さを見せて8連続得点に成功。一気に20-11と引き離した高松工芸が、そのまま第1セットを取った。

 

第2セットは、序盤から大分工が#4甲斐のサーブで相手を崩し、3-1とリードする。しかし、高松工芸が第1セットで12得点を挙げた#4牧の活躍で追いつくと、中盤で逆転に成功。一時は13-10と3点差をつけた。

 

このまま高松工芸の流れかと思いきや、大分工も反撃を見せる。#6利光遼紀のサーブで相手を崩すと、途中交代でコートに入ったキャプテン#1芦谷透の活躍でつなぎがよくなり、高松工芸のミスを誘ったのだ。エース#4甲斐も高松工芸の高いブロックに対して果敢に攻めていき、17-16と1点差まで詰め寄る。しかし、終盤に強さを見せたのは高松工芸。#4牧や#1乙武らがチャンスで着実に得点し、第2セットを25-21で奪取。高松工芸が大分工をストレートで下し、2回戦へ駒を進めた。


【特集】春の高校バレー2022特設サイトはこちら

CONTENTS

pagetopbtn