gv-logo

定期購読
  • 春高2023-zamst広告
  • 春高2023SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

古川学園が悲願達成! 23年ぶりの選手権女王に【春高2023】

  • 2023.01.08

 

 

2023年1月4日(水)から東京体育館(渋谷区)でスタートした第75回全日本高等学校選手権大会(春高)。大会最終日となる8日(日)は誠英(山口)と古川学園(宮城)による女子決勝が行われた。

 

 

古川学園(宮城)

 

第1セットは、古川学園の#1阿部明音や、#2タピア・アロンドラらが序盤から攻撃のリズムをつくると、12-5まで差を広げる。ここで誠英がタイムアウトで軌道修正を図るが、前半に広げられた差を埋めきることができず、古川学園が25-19とセットを先取。

 

しかし、第2、3セットは本来の動きを取り戻した誠英のペースに。古川学園#2タピアがフロントにいるときは連続失点を出さないよう、食らいつきながら試合を進め、#2タピアがバックに下がると、粘りのあるレシーブから切り返して、相手ブロックを利用した攻撃で着実に点を重ねた。さらに、誠英のエース#4北窓絢音がライトから切り込む攻撃がよく決まり、22-25、23-25と誠英が2セット連取で逆転。日本一に王手をかけた。

 

後がなくなった古川学園だが、2年連続決勝敗退を拒絶する気持ちと、国体優勝チームの誇りをかけ、「攻撃は最大の防御」とばかりの猛攻で決勝の流れを取り戻す。ボールを#2タピアに集めて流れをつかむと、#2タピアがバックに下がった後もエースの#1阿部や、#10南舘絢華がリズムをつないでいく。そのとめどない攻撃に対し、大会を通して安定していた誠英のレシーブが乱れ始めた。古川学園の高さとパワーが、誠英バレーの守備力を崩す形となり、古川学園が25-17でフルセットに勝負を持ち込む。

 

迎えた最終セット、両チームの動きは最後まで衰えないが、古川学園の勢いが勝った。誠英は、古川学園の高さとパワーに崩されたレシーブを立て直すことができないままゲームセット。古川学園が、前回大会決勝のリベンジを果たし、23年ぶりの選手権女王となった。

 

【関連記事】

誠英が流れを取り返して金蘭会に逆転勝利【春高2023】

 

大会4日目(1/7)の男女準決勝試合結果【春高2023】

 

金蘭会が層の厚さ見せつけ3回戦ストレート勝ち 準々決勝はフルセットを制しベスト4入り【春高2023】

 

【春の高校バレー2023特設サイトに行く】

 

【次ページ】誠英(山口)の写真

CONTENTS

  • 熱血指導柳田将洋×岐阜成徳学園高
  • スポルティング×東山高
  • NBPオンラインショップ

pagetopbtn