gv-logo

定期購読
  • 春高SPORTSBULL

春高バレー月バレ便り

【春高】男子決勝、日本航空が鎮西にフルセット勝ちし、初の日本一に輝く!

  • 2022.01.09


敗れた鎮西・舛本はIHの49得点を超える52得点を挙げる

 

「第74回全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)」が1月5日(水)に東京体育館(東京都渋谷区)で開幕。大会最終日の1月9日(日)は男子決勝が行われ、日本航空(山梨)と鎮西(熊本)が対戦した。

 

【結果】春高男子トーナメント表はこちら

インターハイ王者の鎮西と関東大会王者の日本航空との一戦は、序盤から激しいラリーの応酬に。お互い持ち味のブロックとレシーブ力を生かし、攻撃を一発で決めさせない展開が続く。

 

第1、第2セットともに、ハイレベルな攻防が続いたが、両セットとも終盤で抜け出したのは鎮西。身長182cmの2年生エース#4舛本颯真が、点数がほしい場面でしっかりと得点につなげる活躍を見せて、鎮西が第1セットを25-20、第2セットを25-23で連取する。

 

第3セットも終盤まで拮抗した展開。鎮西は#4舛本を中心に、その対角を担う#2平田悠真やミドルブロッカーの#1平嶋晃が要所で決めていき、強さを見せる。特に#4舛本が大車輪の活躍を見せ、この試合41得点目となるスパイクで鎮西が先に23点目を奪取。しかし、最後までしつこく拾ってつなぐコンビバレーを続けた日本航空が、ここから3連続得点で逆転に成功。25-23で日本航空がセットを取り返した。

 

第4セットは第3セット終盤の勢いに乗った日本航空が終始リードする展開に。司令塔#7樋口がアタッカー陣を自在に操り、#1前嶋悠仁、#4小林柊司の速い攻撃や#3利川慈苑の高さと速さのあるクイックなどで得点。束になって襲いかかった日本航空が第4セットを25-19で取り、セットオールに追いついた。

 

そしてファイナルセットで、完全に流れをつかんだ日本航空が序盤からリードする展開に。鎮西もエース#4舛本がレフト、ライト、そしてバックセンターからスパイクを決めるなど、インターハイ決勝の49得点を超える52得点を挙げる活躍を見せたが、流れを取り戻すことができない。最後まで拾ってつなぐコンビバレーを貫いた日本航空が第5セットを15-11で奪取し、念願の初優勝を果たした。


【特集】春の高校バレー2022特設サイトはこちら

CONTENTS

pagetopbtn